outsource-marketing-to-freelance

フリーランスのマーケターに仕事を依頼するメリットと成功のポイント

ビジネスの成長や展開において欠かせないWebマーケティングですが、すべてを自社内で完結させて成果につなげるのは容易ではありません。そのようなときに活用を検討したいのがフリーランスのマーケターです。

Webマーケティング会社とは異なり、フリーランスのWebマーケターは専門知識に加えて柔軟性も兼ね備えています。そのため、リソースに限りがある企業の重要な戦力になります。

そこで今回は、フリーランスのマーケターを活用するメリット・デメリット、依頼できる業務内容などについて詳しく解説します。

目次

企業がフリーランスにマーケティングを依頼する背景

どのような時に、企業はフリーランスに仕事を依頼するのでしょうか。多くの場合、下記のようなケースでフリーランスを活用されています。

・社内にマーケティングの専門知識を持った人材がいない
・新たにマーケティング人材を採用する時間的・金銭的余裕がない
・既存メンバーを教育する仕組みが十分には整っていない
・短期集中で成果を出したいというニーズがある

社員を採用・雇用するには様々な手間とコストがかかります。そんな時も、フリーランスに依頼することでスポット的に専門知識を拡充できるのです。

フリーランスのマーケターに依頼できる主な業務

フリーランスのマーケターには、主に次のような業務を依頼できます。

  • SEO対策
  • コンテンツマーケティング
  • デジタル広告の企画と運用
  • SNS戦略の策定と運用
  • メールマーケティング
  • アクセス解析とレポーティング

それぞれ詳しく見ていきましょう。

SEO対策

依頼できる主な業務のひとつが、SEO(検索エンジン最適化)対策です。

SEO対策で成果を出すためには、最新の検索エンジンのアルゴリズムを理解している必要があります。また、Webサイトのランキング向上につながるキーワードの選定やコンテンツの最適化には、業界の動向や傾向の変化などに関する知見を持っていることも重要です。

SEO対策はWebマーケティングに欠かせない重要な仕事のひとつのため、実績を持ったフリーランスに依頼するのがおすすめです。適切なSEO対策によってオンラインにおける企業の可視性が高まれば、検索エンジンからのアクセス増加も期待できるでしょう。

コンテンツマーケティング

企業のブランド構築や顧客獲得に不可欠なコンテンツマーケティングも依頼できます。

ブログ記事やメール、ホワイトペーパーなど、多様な形式のコンテンツを通じて企業のストーリーを効果的に伝えられるのは、コンテンツマーケティングの大きなメリットです。

とはいえ、Webコンテンツを制作する際は、インターネットユーザーのニーズを踏まえたペルソナ設定や構成案を用意するなど、専門性が必要です。そのため経験豊富なフリーランスのマーケターに依頼すれば、コンテンツの制作・展開を通じて、ターゲットとの強固な関係を築くこともできるでしょう。

デジタル広告の企画と運用

インターネット広告に詳しいフリーランスのマーケターなら、デジタル広告の企画と運用の依頼も可能です。リスティング広告やバナー広告、SNS広告など様々な種類がある中で、目的やターゲット層に応じた効果的な広告戦略を構築して、適切なプラットフォームでターゲットにリーチしてもらえます。

また、広告のパフォーマンスをモニタリングしながら必要に応じて戦略の最適化を行い、目標達成に向けて効果の高いキャンペーンを展開してもらうこともできます。

SNS戦略の策定と運用

認知拡大を目的に、SNS運用に取り組む企業は少なくありません。しかしSNSはプラットフォームによってユーザー層が異なるため、知見がないまま自社で運用を続けても、目標を達成させるのはなかなか困難です。

しかし、経験の豊富なフリーのマーケターに依頼すれば、プラットフォームの選定からコンテンツの作成、フォロワーとの相方向コミュニケーションまで包括的なSNS戦略を構築・実行して自社製品の認知を拡大できます。

メールマーケティング

ターゲットに直接メッセージを届けられるのがメールマーケティングの特徴です。

メールマーケティングの対象となるユーザーは、過去にどこかのタイミングでメールアドレスを提供してきたことのある、コンバージョンに近いユーザーと言えます。フリーランスのマーケターに依頼すれば、効果的なメールキャンペーンを企画した上で、セグメンテーションやパーソナライゼーションを活用してユーザーに価値ある情報や特典を提供できます。

アクセス解析とレポーティング

Webサイトのアクセス解析とレポーティングも依頼できます。キャンペーンの効果やユーザーの行動パターンの把握、戦略の評価と最適化提案にはデータの分析が欠かせません。

自社でのデータ分析も可能ですが、専門的な視点と効果的な改善策の立案はなかなか難しいものです。そのような場合にフリーのマーケターを活用すれば、他社の事例や他業種との違いなども踏まえた専門的な意見を聞くことができるだけではなく、効果の高い改善策も立案できます

フリーランスのマーケターに依頼するメリット

専門企業ではなく「フリーランス」に依頼するメリットを詳しく見ていきましょう。

マーケティングの専門性と経験を活用できる

フリーランスのマーケターに依頼することで、マーケティングの専門性と経験を最大限に活用できます。

特定分野の専門知識を有しているフリーランスも多いため、自社の目的に適したマーケターを選択すれば大きな成果を期待できるでしょう。

緊急のニーズにも効果的に対処してもらえる

フリーランスは企業に比べ、要件の変更や新しい戦略にも柔軟かつ迅速に対応してくれやすいという特徴もあります。もちろん交渉次第にはなりますが、緊急の課題に対しても適切な手法を選定して実行してもらうことが可能です。

専門会社に依頼するよりもフットワークが軽い点は大きな魅力と言えます。

比較的コストが安い

フリーランスは法人に比べて料金設定が安価なケースが多いため、発生する費用を安く抑えられることがあります。法人の場合は、経営にあたって税務や労務、総務などの間接コストが発生するため、費用が高くなりがちです。

フリーランスマーケターの中にも非常に有名で人気も料金も高い方がいるためすべてのケースにあてはまるわけではありませんが、一般的に費用を重視する場合には、企業よりもフリーランスへ依頼するほうがニーズにマッチする可能性はあるでしょう。

リソースを最大限に活用できる

フリーランスを利用することで、プロジェクトごとに最適なリソースを配置できます。

例えば、SEO対策のプロジェクトではSEOの専門家を活用する、リスティング広告運用のプロジェクトではWeb広告に精通した専門家を重点的に活用するといった柔軟な対応も可能です。

フリーランスのマーケターに依頼するデメリット

フリーランスのマーケターに依頼するデメリットも確認しておきましょう。

能力に個人差がある

フリーランスのマーケターは個々のスキルや経験に差があります。依頼前にクオリティや実績を正確に評価するのは難しいため、期待通りの成果が得られない可能性もあるでしょう。

一定の品質を担保したい場合は、初めから専門会社に依頼したほうがいいかもしれません。

音信不通になるリスク

フリーランスには、クライアントとのコミュニケーションが一時的に途切れたり、音信不通になったりするリスクがあります。

緊急時や重要な進捗報告が必要な際にコミュニケーションが取れないと、プロジェクトの進行に支障をきたす恐れがあるでしょう。

フリーランスと専門会社のどちらに依頼するべきか

近年では、質の高いサポートをしてくれるマーケティングの専門会社も増えています。このような現状でフリーランスを選択する理由はあるのでしょうか。

結論としては「プロジェクトや企業のニーズに依存する」と考えていいでしょう。

それぞれにメリットとデメリットがあるので、検討する際には下表を参考にしてみてください。

フリーランスのマーケターマーケティング専門会社
メリットデメリットメリットデメリット
・柔軟性が高い   
・コストを抑えられる
・能力に個人差がある 
・音信不通になるリスク
・リソースが豊富   
・戦略を一元管理できる
・コストが高め

コストの高低はプロジェクトの内容や規模にもよるため、単純に比較できない点には注意が必要です。

一般的に、大規模で複雑なプロジェクトは専門会社のほうが適しています。予算の制約がある場合や小規模なプロジェクトなら、フリーランスに依頼してもいいかもしれません。

▶マーケティングの依頼先の決め方については、「Web集客の依頼はどこにするべき?おすすめ会社や費用相場、外注先の選び方を解説の記事も参考にしてみてください。

フリーランスのマーケターに依頼する方法

フリーランスのWebマーケターに依頼する方法を4つご紹介します。

  • クラウドソーシング
  • 求人サイト
  • SNS
  • 直接依頼

それぞれの特徴やメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

クラウドソーシング

クラウドソーシングサイトを活用すれば、優秀なフリーランスのマーケターと繋がることができます。プラットフォーム上にプロジェクトを投稿して提案を待つだけなので、手間はかかりません

ポートフォリオや評価をもとに、適切なフリーランスを選定することも可能です。代表的なクラウドソーシングサイトには「クラウドワークス」や「ランサーズ」などがあります。

ただし、登録しているマーケターの能力や経験値には個人差があります。また、プラットフォームを利用する代わりに発注側と受注側の双方に利用料が発生する点も、デメリットと言えるでしょう。

求人サイト

専門の求人サイトを利用する方法です。マーケティングに特化した求人サイトやプラットフォームを活用すれば、自社のニーズに適したプロフェッショナルを見つけられるでしょう。

ただし、受注者側にとって魅力的な募集要項でなければ応募が来ないケースも多々あります。優れたフリーランスが他の企業に流れる可能性もあるでしょう。求人サイトへの手数料が発生するのもデメリットです。

SNS

ソーシャルメディアを活用してフリーランスのマーケターを見つける方法です。

SNS上で「フリーランス」「マーケター」などのキーワードを検索し、ヒットしたアカウントの投稿内容やプロフィールを確認すれば、スキルレベルや仕事へのスタンスなども大まかに把握できるため、ニーズに合ったフリーランスを見つけやすくなります。中には実績を紹介するポートフォリオのリンクを用意しているフリーランスもいるので、併せてチェックしましょう。

また、自社の公式アカウントや採用担当者のアカウントにフリーランスのほうからアプローチしてくるケースも少なくありません。募集専用アカウントを作って定期的に情報発信したり、「#フリーランスマーケター募集中」などのハッシュタグを使って投稿したりすると、応募してもらいやすくなるでしょう。

直接依頼

マーケターのポートフォリオや実績をリサーチして、直接連絡をとる方法です。

実績の豊富なマーケターであれば、ポートフォリオの中に企業からの依頼を受ける問合せフォームを用意しているはずです。また、マーケティング業界のイベントやネットワーキングイベントに参加するのも、ひとつの方法でしょう。専門性の高いマーケターと出会えれば、直接信頼関係を築くことができます。

優秀なフリーランスのマーケターを選ぶ際のチェックポイント5つ

優秀なフリーランスのマーケターを選ぶ際には、次のようなポイントをチェックしましょう。

  • 専門性と経験の確認
  • デジタルスキルの熟練度
  • クリエイティブなアプローチと問題解決能力
  • コミュニケーションスキルと提案力の高さ
  • トレンドへの敏感さ

それぞれ詳しく解説します。

専門性と経験の確認

優秀なフリーランスのマーケターを選ぶ際には、専門性と経験を確認しましょう。

過去のプロジェクトや事例などをチェックして、そのマーケターの経験値を把握します。

業界と特定分野の理解度も確認しておけば、自社のニーズに適しているかどうかを判断しやすくなるでしょう。

デジタルスキルの熟練度

現代のマーケティングにはデジタル領域のスキルが不可欠です。特にSEO対策とインターネット広告の知識は必須と言えます。

Google Analytics」のようなデータ分析ツールを活用できるスキルも必須です。対応可能なツールの種類、レポートのサンプルなども確認して、効果的な戦略を立案できる分析能力も評価しておきましょう。

クリエイティブなアプローチと問題解決能力

過去の仕事からキャンペーンのアイデアや制作物のクオリティを確認しましょう。優れたマーケターには、企業のニーズをしっかりヒアリングした上で、高い創造性と独創性のある提案をしてくれます。巷にあふれかえっている戦略をそのままなぞっても、競合他社との競争には勝てません。

マーケティング戦略の展開時に想定外の状況になったりトラブルが発生したりした場合の問題解決能力も必要です。

事前に能力を把握するのが難しい場合は、面接や面談などを行って、これまでの経験やどのような考えを持っているのかを確認するといいでしょう。

コミュニケーションスキルと提案力の高さ

直接の面談やビデオ通話を通じてフリーランスと対話し、コミュニケーションスキルを評価しましょう。確認方法としては、一般的な面接と同様です。対話中に表現力や対応力を確かめます。

コミュニケーション能力と併せて、与えられた課題に具体的で洞察に富んだ提案を行えるかどうかも確認しておきましょう。

トレンドへの敏感さ

デジタルマーケティングの最新技術や話題を熟視しているかどうかを確認します。

競合他社や業界動向に注意が向かないようであれば、市場の変化に対応できません。トレンドや競合状況を的確に分析し、それを戦略に組み込む能力も確認しましょう。

フリーランスのマーケターに依頼する際の注意点

フリーランスのマーケターに依頼する際には、次の2点に注意する必要があります。

  • プロジェクトの責任を明確にして透明性を確保する
  • 報酬体系を明確にする

それぞれ詳しく見ていきましょう。

プロジェクトの責任を明確にして透明性を確保する

期待される具体的な成果やプロジェクトの目標を共有して、責任の所在を明確にしておきましょう。

コミュニケーション手段や頻度、進捗報告の形式なども定めておけば、プロジェクトを円滑に進められます。

また、状況によってはプロジェクトの進行中に修正や変更が生じる可能性もあります。具体的な対応方法についても確認しておきましょう。

報酬体系を明確にする

作業量や達成すべき目標に基づいて、報酬計算方法の合意を得ましょう。金額や支払いのタイミングも確認しておきます。

追加の作業や変更が発生した場合の報酬についても、事前に合意しておきましょう。合意後はプロジェクトの詳細や報酬体系に関する契約書を作成して双方が保管します。

フリーランスのマーケターに依頼する際の費用相場

フリーランスのマーケターに依頼する際の費用相場は、下表のとおりです。

実績やスキルによって個人差はあるものの、ひとつの参考にしてみると良いでしょう。

業務内容費用相場
SEO対策10万円~
コンテンツマーケティング10万円~
デジタル広告の企画と運用5万円~
SNS戦略の策定と運用5万円~
メールマーケティング5万円~
アクセス解析とレポーティング10万円~

質の高いフリーランスのマーケターに依頼してビジネスを成功に導こう

マーケティングの戦略立案と展開を自社内で完結させるのが難しい場合は、フリーランスのマーケターに依頼してみるのもひとつの方法です。

個人のフリーランスであっても、企業と同等レベルの幅広い専門性と実績があり、柔軟性やクリエイティブなアプローチを提供してくれるケースも多々あります。質の高いフリーランスに依頼すれば、コストを抑えながら戦略的なマーケティングを展開してビジネスの成果を最大化できるでしょう。

ただし、能力には個人差があります。優秀なマーケターを選ぶポイントを事前に確認しておくことが大切です。

「社内にはWebマーケティングに対応できる人材がいない」「フリーランスのマーケターを探す手間もかけられない」といった方は、ぜひ一度実績豊富な弊社シンプリックの無料相談をご活用ください。弊社クライアントおよび弊社自身の成功事例をもとに、お客様が今取り組むべきことをお伝えし、弊社がどのような支援をできるかご説明させていただきます。

Webコンテンツ診断サービス
300サイト以上の集客改善経験を駆使し、SEO視点でサイトの課題を洗い出してWeb戦略を構築します

関連記事

  1. howto-attract-people-to-sportevent

    スポーツイベントのWeb集客術を事例をもとに解説

  2. 強調スニペットとは?検索結果で目立つためのヒントとテクニック

  3. guide-to-outsource-webmarketing-TOP

    Webマーケティングの業務委託で失敗しないポイントを基礎から解説

  4. Web集客のやり方を徹底解説!4つの集客方法と成功のポイントを理解しよ…

  5. way-to-reduce-bounce-rate-TOP

    直帰率を改善するために押さえておきたいポイントを解説

  6. 記事LPとは?成果の出るLPの作り方を7ステップで解説!

  7. Web集客の依頼はどこにするべき?おすすめ会社や費用相場、外注先の選び…

  8. ワイヤーフレーム活用術!LP制作の流れとポイントを解説

PAGE TOP