Web編集プロダクションの強みは何?Web集客を成功に導くスキルとは

自社で記事などのコンテンツ制作をしていると、社内の人材やスキルでは対応しきれないケースも少なくありません。企画の立案や編集作業は手間がかかるだけではなく、専門的な知識も必要です。

特に、Webコンテンツの制作のおいては、WebデザインやSEO、アクセス解析の知識がないと、制作したコンテンツが誰の目にも届かず、無駄になってしまうことが懸念されます。Webの専門的な知見を持っている外注先としては、Web系の編集プロダクションが挙げられます。

そこで今回は、主に以下について解説します。

  • Web系編集プロダクションとは?
  • 通常の編集プロダクションとWeb系編集プロダクションの違い
  • Web系編集プロダクションの業務内容
  • Web系編集プロダクションへの依頼で注意したい点

記事コンテンツ制作の外注を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

編集プロダクションは2種類に分けられる

編集プロダクションは主に「紙媒体の編集プロダクション」と「WEB系編集プロダクション」の2種類に分かれます。それぞれの特徴を見てみましょう。

紙媒体の編集プロダクション

本や雑誌の出版に携わる一般的な編集プロダクションです。特集記事の執筆や取材、インタビューなど幅広い業務をこなし出版物を作成します。なお、企画から出版までには半年から1年前後の期間を要します。

Web系編集プロダクション

ネット記事に特化した編集プロダクションです。企画や取材、執筆などの業務は紙媒体のプロダクションと変わりませんが、速報性を重視しているため、最短では当日中の入稿もあり得ます。SEOを意識した記事の作成や公開後のリライトもWeb系の編集プロダクションならではの業務といえるでしょう。

Web編集プロダクションが備えるスキルとは

Web系の編集プロダクションには、通常の編集プロダクションにはないメディア運営に特化したスキルがあります。

  • Webマーケティング全般の知識
  • ユーザーの意識や行動を分析するスキル
  • Web関連企業やスタッフの管理スキル

それぞれ詳しく見ていきましょう。

Webマーケティング全般の知識

Web編集プロダクションはwebマーケティングの知識を有しています。依頼できる主な集客施策は以下です。

SEO対策

検索エンジンに最適化した記事の作成を行います。

リスティング広告

リスティング広告への出稿やデータ分析を含めた運用を代行します。

リターゲティング広告

クッキーを活用して特定のユーザーに広告を配信する手法です。

SNS広告

TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアに広告を出稿します。属性をセグメントして配信することも可能です。

このほかに回遊施策としてLPOやEFOなども行います。いずれもWebマーケティングでは基本的な知識ですが、期待通りの成果を得るためには豊富なノウハウとスキルが必要です。

ユーザーの意識や行動を分析するスキル

アクセス解析ツールを利用すれば、訪問者数やPV数、滞在率、直帰率などのデータチェックは可能です。アクセス数の増減や、曜日、時間帯別の変化を把握もできるでしょう。しかし、分析結果を基にした見込み顧客獲得の戦略を練っていくのはなかなか難しいものです。

Web系の編集プロダクションに依頼すれば、分析結果からユーザーの行動を的確に把握し、以下のような施策へと結びつけてくれます。

・サイトを改善する理由を見つけてアクセス数をアップさせる

・ユーザーニーズを把握した戦略を考える

・効果が現れていない戦略の原因究明と改善

分析や解析はあくまでも仮説を立てるための作業で、データを調査するために行うわけではありません。とくに、SEO対策に関連するペルソナの設定や競合の分析は、見込み客を獲得するうえでは大変重要です。Web編集プロダクションに依頼すれば、専門的な知識を生かして分析結果に応じた戦略の策定と実行をしてくれます。

・詳細なユーザー行動の把握が重要

記事のアクセス数に注目しているだけでは、リードを顧客に導くことはできません。記事のターゲットを明確にしたうえで、各記事内での行動や読了率を把握していく必要があります。「ソーシャルボタンの配置場所を変えただで誘導率が大きく変わった」というようなケースは少なくないのです。

Web関連企業やスタッフの管理スキル

Web編集プロダクションには、WebライターやWebデザイナーの管理体制も整っています。優れた戦略があっても、総合的な視点でメディアデイレクションを行えなければ、期待通りの成果物を生み出すことはできません。

Web編プロという存在の必要性

編集業務の役割は多岐にわたります。メディアを成功させるためにはどれも必要不可欠な業務ですが、全てを自社で実行するのは大変困難です。

ビジネスゴールの正確な理解と分析

とくに重要な業務は、ビジネスゴールを理解した分析です。ゴールを理解するためには、マーケティングプロセスのなかでオウンドメディアが担う役割を把握する必要があります。

オウンドメディアの運用目的は、集客だけではありません。アウトバウンド型のリード獲得とは異なり、インバウンド型の集客では、ナーチャリングを続けたうえでリードクオリフィケーションを行っていきます。

ただし、この作業を自社で完結させるのは、ほとんど不可能でしょう。たとえば、スコアリングされたリードには優先順位がつけられているため、アプローチの順位は「数値上」明確になっています。それが正しければ、分析結果に従ったセールスを実行するだけで高いコンバージョンが得られるはずです。しかし、ほとんどの企業では具体的な点数や定量化されたデータの算出方法を間違えているため、成果には結びつきません。

高い企画力

メディアを成功させるためにはユーザーファーストの徹底が基本ですが、コンテンツの発信側である以上は、ユーザーが知りたいと思っていることの「一歩先」を提示しなければいけません。ときにはユーザーの態度変容を促す戦略も必要になるでしょう。このような企画を具体化するためには多くの時間と人材が必要になるため、Web系編集プロダクションへの外注を検討する方が無難です。Web系編集プロダクションには、優れた企画力を持つ人材が多数登録しているので、実現性の高い企画や戦略を練り上げてくれます。

編集作業の代行

Web編集プロダクションでは、企画に基づいて執筆された記事の校正や校閲などの編集作業も行います。校正や校閲は専門的なスキルと多大な時間が必要になる作業ですが、Web編集プロダクションに依頼すれば、納期を指定するだけで編集作業を終えた質の高い記事が納品されます。

Web編プロのスキルを最大限引き出すために依頼主ができること

Web編集プロダクションに依頼する前に以下の内容を決めておくと作業効率が上がりやすくなるため、質の高い制作物の完成に繋がるでしょう。

  • 企画の詳細:メディアの目的や方向性など
  • 依頼条件:予算や納期、依頼する記事の数など

これらを事前に準備しておけば、Web編集プロダクション側も依頼の内容を正確に把握できるため、目的に最適な企画の提案や見積もりを引き出しやすくなります。なお、優れたWeb編集プロダクションほど依頼に対するヒアリングをしてくるので、Web編集プロダクションの選定時には相手側の積極性も意識してみてください。

なお、Web編集プロダクションは多様なサービスを提供していますが、コミュニケーションを軽視した作業の丸投げは避けましょう。契約期間や予算を曖昧にしたままの依頼も厳禁です。依頼後のスムーズな制作進行や業務の連携を実現させるためには、良好な関係を築いていく必要があります。

Web集客のプロに記事制作を相談してみよう

Webサイトの充実は効率的な営業活動に繋がります。しかし、効率的な集客には専門的な知識が必要です。企画から分析まで代行してくれるWeb系の編集プロダクションを活用すれば、時間とコストを削減しながら、最大限の効果が期待できるでしょう。コンテンツの制作や集客で悩んでいる方は、ぜひ編集プロダクションの外注も検討してみてください。

本コラムの執筆・監修は、「株式会社シンプリック」が行っています。
弊社、様々な業種の記事制作を担い、クライアントの見込み顧客獲得に貢献しております。コンテンツマーケティング、コンテンツSEOなど、「記事による集客」をご検討の方は、ぜひ以下までお問い合わせ下さいませ。
株式会社シンプリック:お問い合わせフォーム

関連記事

  1. 文章の校正と校閲の違いとは?依頼できる外注先の種類や費用相場について

  2. 編集作業を代行してくれる外注先はドコ?依頼先による特徴や外注費用を解説…

  3. 編集プロダクションとは?記事制作を依頼するメリットはどこにあるのか

PAGE TOP