guide-to-outsource-webmarketing-TOP

Webマーケティングの業務委託で失敗しないポイントを基礎から解説

Webコンテンツが溢れる今、Webマーケティングはビジネスにおいて欠かせない重要な戦略です。オンラインで顧客を獲得し売上を伸ばすためには、SEO対策、Web広告運用、SNSマーケティング、データ分析などの専門的な知識とスキルが求められます。

しかし、Webマーケティングはトレンドの変化が激しく常に進化を続けている分野ですから、事業会社が自社ですべての領域をカバーするのは現実的ではありません。そのため、外部への業務委託が選択肢のひとつとして検討されます。

本記事では、Webマーケティングを業務委託するメリット・デメリット、業務委託を成功させるポイント、委託先の選び方などについて詳しく解説します。費用相場も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

目次

業務委託できるWebマーケティングの内容

Webマーケティングで業務委託できる内容は、新規顧客獲得につながる「SEO対策」や「Web広告運用」、「SNSマーケティング」だけではなく、施策展開後の「データ分析」や戦略の立案・実行をサポートする「コンサルティング」まで多岐にわたります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

SEO対策

SEO対策(Search Engine Optimization)とは、Webサイトの検索エンジン上での上位表示を目指す取り組みのことです。

近年ではほとんどのユーザーがGoogleなどの検索エンジンを活用して情報を収集しているため、多くの企業がSEO対策を行っています。

委託できる具体的なSEO施策は下記のとおりです。

・キーワードの選択
・コンテンツの制作
・内外部リンク対策
・競合調査     など

Googleは「ユーザーファースト」を重要視しているため、コンテンツの質と利便性の向上は欠かせません。自社にWebマーケティングに精通しているメンバーがいない場合は、外部の専門業者に業務委託するのが安心です。

SNSマーケティング

SNSマーケティングとは、X(旧Twitter)やInstagramなどのSNSプラットフォームを活用した販促活動のことです。ブランドの認知向上やロイヤルユーザーの獲得、新サービスのインサイト収集などに役立ちます。

委託できる主な施策は下記のとおりです。

・商品やサービスに関する情報の発信
・ユーザー体験の共有
・ファンコミュニティの構築 など

コメントのやりとりやライブ配信といったSNS特有の機能を活かしたマーケティングでは、ターゲット層に適した施策の立案だけではなく、継続的なリソースの投下が不可欠となります。ある程度の成果を狙うためには、自社のメンバーが本業の片手間にSNSを担当する程度ではあまりにリソースが足りません。SNSマーケティングは、積極的に業務委託を活用すべき領域と言えるでしょう。

Web広告の運用

Web広告の運用では、リスティング広告やバナー広告などオンライン上の様々な媒体における広告出稿と最適化を行い、ユーザーに対するリーチを最大化させます。

委託できる主な施策は下記のとおりです。

・キーワードの選定
・入札額の調整
・配信時間の設定 など

広告のクリエイティブとランディングページの改善も重要です。適切な運用ができれば、購買意欲の高いユーザーに効率的なリーチができます

ある1つの商材の露出を増やすために、特定の期間に複数のWeb広告枠で出稿するケースもあります。そうなると管理が煩雑にもなりやすいため、運用は業務委託に任せ、自社はサービスの向上に注力するのがおすすめです。

データ分析

Webマーケティングは、「施策を行って終わり」ではありません。SEO対策、SNSマーケティング、Web広告の出稿などの各種施策を行った結果、どのような成果が得られたのか(もしくは得られなかったのか)をデータ分析するところまでがセットです。施策を経て自社サイトに訪問してくれたユーザー、問合せや購買に至ったユーザーの行動を分析して、マーケティング施策の立案や改善につなげます。

委託できる主な施策は下記のとおりです。

・ページビューやユーザー滞在時間の調査
・各種指標(KIP)の設定と分析
・ユーザー行動の追跡 など

分析結果を元にした仮説検証を繰り返せば、マーケティングの質を高められます。

マーケティング効果の最大化につながる「PDCAサイクル」を回すためにも、詳細なデータ分析は欠かせません

Webコンサルティング

Webコンサルティングは、Webマーケティングに関する課題解決のための専門的なアドバイスを提供するサービスです。

Webマーケティングには多岐にわたる知見が求められるため、企業単独では難しいケースも少なくありません。そのような場合に専門家の助言を受ければ、効果的な解決が期待できます。

委託できる主な施策は下記のとおりです。

・課題の発見
・コンテンツの制作
・アクセス改善 など

データを分析するだけでなく、施策の結果から新たな課題を見つけ、解決に向けたプランニングを行うのがWebコンサルタントの役割です。専門知識と実績豊富なコンサルタントに業務委託すれば、戦略の立案から施策の実行まで一貫した支援を受けられます。

Webマーケティングを業務委託するメリット

Webマーケティングの業務委託には、主に次のようなメリットがあります。

  • 経験豊富な専門家に任せられる
  • 自社でリソースを確保する必要がない
  • 高度な専門知識を活用できる
  • 最新のノウハウを取り入れやすい
  • 柔軟性とスケーラビリティが向上する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

経験豊富な専門家に任せられる

プロの専門家に業務委託することによって、経験から培われたノウハウを活用できます。確実な成果に結びつく可能性も高まるでしょう。

Webマーケティングは専門的な知識とスキルが必要な分野です。自社で企画を立案・施策の展開をしても思ったような効果が得られず、試行錯誤を重ねるケースは少なくありません。

しかし、専門家は異なる複数の業界や企業の事例を持っているケースも多いため、成功・失敗含め過去の様々な事例を元に最適なアプローチを検討・実行してもらえます。自社だけでは気づきにくい課題にも的確に対処してくれるでしょう。

自社でリソースを確保する必要がない

業務を委託すれば自分たちでリソースを確保する必要がないため、社内の負担を最小限に抑えられます。

自社でWebマーケティングを展開するためには、要員の採用や教育、専門ツールの整備など、多大な投資が必要です。特に中小企業には大きな負担となるでしょう。

しかし、業務委託であれば、企業の規模を問わず人材やツールが整備された状態で、高い水準のサービスを受けることができます

高度な専門知識を活用できる

業務委託を活用すれば、SEO対策、Web広告運用、データ分析といった各分野の第一人者が、ベストなサービスを提供してくれます。

Webマーケティングは日々変化・進化を続ける分野であるため、常に最新の動向を把握して専門的な知識を習得しなければいけません。一般の企業では詳細な部分までをすべてキャッチアップするのは困難ですが、業務委託することで遅延リスクを減らすことができます。

最新のノウハウを取り入れやすい

最新の手法を取り入れた施策を展開できるのも大きなメリットです。新しいターゲティング手法やAI技術を用いた分析など、自社では難しい技術もスムーズに取り入れられます

専門会社や専門家は常に新しいノウハウを入手して即座に実務へと落とし込めるようにしているため、最新トレンドの把握が難しい施策でも迅速に展開できます。

柔軟性とスケーラビリティが向上する

自社での施策展開は、リソースの制約から計画の急な変更が難しくなりますが、外部に委託すれば柔軟な施策の見直しが可能です。

例えば、マーケティング施策の効果が思わしくない場合、専門家は迅速に原因を分析して新たな施策を提案・実行してくれます

事業成長に合わせた拡張にも柔軟な対応が可能です。Webマーケティングの規模を拡大したい場合にもリソースの確保で悩む心配はありません。反対に施策を少しトーンダウンしたい場合にも、社内の人員調整をすることなく規模を縮小することができます

競争の激しいWebビジネスにおいて、柔軟性の高さとスケーラビリティは大きな強みとなるでしょう。

Webマーケティングを業務委託するデメリット

Webマーケティングを業務委託するデメリットも確認しておきましょう。

  • コストが発生する
  • ミスマッチのリスクがある
  • 委託先によって品質に差がある

それぞれ詳しく解説します。

コストが発生する

業務委託を受ける専門業者には、人件費やツール利用料など様々な費用が発生しています。そのため当然、委託を発注する側にも一定のコストは必要です。包括的で広範なサービスを受けるほどコストは高くなる傾向にあります。

業務委託に伴うコストについては、自社で実施する場合の費用を考慮した上で総合的に判断しましょう。スキルを持った人材を採用するコストや既存メンバーを育成するコストを考えれば、場合によっては業務委託のほうが長期的なコストを抑えられる可能性もあります。

ミスマッチのリスクがある

求めるサービスを提供してくれる外注先が見つからないというリスクも、業務委託のデメリットです。Webマーケティングは非常に幅広い分野が含まれるため、自社のニーズと委託先のサービスにミスマッチが生じる可能性があります。

自社がSEO対策を求めていても、委託先が広告運用に強みがあれば、望んでいる結果は得られないでしょう。

また業界知識や商品販促の経験に乏しい委託先であれば、自社の製品やサービスの特性を十分に理解してもらえないかもしれません。

業務委託先に自社メンバーと同レベルの業界知識や商材知識を求めると、ミスマッチが起きやすくなります。そのため、あらかじめ社外のメンバーに求めるスキルに優先順位をつけておくことをおすすめします。

委託先によって品質に差がある

Webマーケティングは、業務委託先によってスキルやノウハウに開きがあるのが実情です。提供されるサービスの品質にも差があります。

自社に近しい企業での実績が豊富な委託先を選べば、専門知識を十分に活かしたきめ細かいサービスが期待できます。しかし、実績や知見が不十分な委託先は適切な施策が立案・実行されず、期待した成果が得られない恐れもあります

これを回避するには、本格的に委託を決める前に、トライアル施策などを提案・実行してもらうのもひとつの方法です。

Webマーケティングの業務委託を検討すべき企業の特徴

次のような特徴のある企業は、Webマーケティングの業務委託を検討したほうがいいでしょう。

  • 自社内のリソースの限界を感じている
  • 専門性の高い結果を求めている
  • 新規事業の立ち上げを検討している
  • 自社採用・育成のノウハウがない

それぞれ詳しく解説します。

自社内のリソースの限界を感じている

自社内のリソースにおいて限界を感じている企業は、Webマーケティングの業務委託を検討すべきでしょう。

Webマーケティングには多岐にわたる専門知識と経験が求められるため、自社の人材だけでは全領域をカバーするのが難しい場合があります。特に中小企業は、人員や予算、ノウハウの面で不足しているケースも多いです。

このような問題を抱えている企業でも、経験豊富な人材と専門ツールを有する会社に委託すれば質の高いWebマーケティングを展開できます。

専門性の高い結果を求めている

専門的な知見と経験に裏付けされた結果を求める企業にも業務委託がおすすめです。

Webマーケティングには、SEO対策、Web広告運用、SNSマーケティング、データ分析、コンサルティングなど、多岐にわたる領域があります。

どの分野においても、深い専門知識と膨大な実務経験を有する人材が関わることが、高い成果を収めるためには重要です

Webマーケティングを専門家に業務を委託すれば、各分野で長年の経験を積んだプロの人材にクオリティの高い業務を担当してもらえます。

新規事業の立ち上げを考えている

新規事業の立ち上げを検討している企業にも、業務委託が有力な選択肢になります。

新規事業ではノウハウやリソースが不足していることが一般的です。マーケティング人材の確保から始めなければならず、その間の機会ロスも懸念されます。予算の制約から自社内で十分なリソースを確保できない可能性もあるでしょう。

このような場合に業務を委託すれば、新規事業のスムーズな立ち上げが可能になります。豊富な経験からベストな施策を提案してもらえるだけではなく、即戦力としての人材確保も容易です。

新規事業の開始前から本格的なマーケティング活動に着手できるのは大きなメリットになります。

自社採用・育成のノウハウがない

自社採用・育成のノウハウがない企業が業務委託を利用するメリットも大きいでしょう。

業務委託を請け負う専門業者には優秀な人材とノウハウが蓄積されているため、ワンストップで質の高い人材活用と実務に則した最新のナレッジを享受できます。

Webマーケティングには優秀な人材の確保と育成が欠かせませんが、自社だけでノウハウを蓄積するのは簡単ではありません。社内で体系的な研修を行うには多大なコストもかかります。

自社での対応が困難な人材面を外部リソースで補えるだけでも、マーケティングを効果的に展開できるようになるでしょう。

Webマーケティングを業務委託する流れ

Webマーケティングの業務委託は、次のような流れで行います。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.事前準備と委託領域の確定

Webマーケティングの業務委託を始める前に、まず自社の現状を把握し、委託する具体的な内容を明確にします。

自社サイトやサービスの課題、売上と集客の現状など、現状を正しく整理しましょう。その上で解決すべき課題と目標を設定します。

目標達成のために必要な業務範囲も特定しましょう。解決したい問題によって外部に任せる領域は異なります

複数の業務を一括で委託するのか、段階的に委託するのかも検討する必要があるでしょう。

2.委託先の選定

次のステップは、信頼できる優良な委託先の選定です。委託先によってサービスの質が大きく変わってくるため、慎重な検討が求められます。

まずは複数の委託会社を比較検討するところから始めましょう。各社の料金体系にも目を向けることも大切です。

数社に絞ったら、見積りを取得してサービスの内容と費用の詳細を比較・検討しましょう

3.業務委託契約書の作成

正式な業務委託の前に、委託内容や条件を明確にした契約書を作成します。曖昧な部分を残さないよう、しっかりと打ち合わせを重ねて双方の責任範囲を明文化しましょう。

業務委託契約書の項目としては、下記が挙げられます。

・委託業務の詳細な範囲
・作業工程とスケジュール
・成果物の権利
・報酬と支払い条件
・秘密保持に関する条項
・期間と更新条件
・再委託の可否
・禁止事項
・損害賠償に関する条項

業務委託契約書は2通作成し、それぞれが署名・押印して保管します。

特に重要なポイントは、業務範囲と成果物の明確化です。漠然とした表現ではなく、具体的に細かく定めましょう。所有権や知的財産権の取り扱い、データの管理体制なども記載します。

近年では、一度もオフラインで会わずにオンラインだけで業務委託をするケースも増えています。そのような場合は、契約書の取り交わしもオンラインで行われることがあります。「DocuSign(ドキュサイン)」を始め、電子契約を結べるサービスも流通しています。

4.進捗管理と定期報告

確実な成果を出すために、定期的な報告会やミーティングを設けましょう。業務委託を円滑に進めるには、委託先との円滑なコミュニケーションと進捗管理が欠かせません。

自社内で進捗を把握することも大切です。結果を確認するだけでなく、施策の背景や根拠を質問するなどして、双方向のコミュニケーションを図りましょう

定期的にコミュニケーションをとれば、自社担当者もWebマーケティングに関する理解が深まり知識を蓄積できます。

委託先の専門家から学びを得ることで、将来的な内製化や委託業務の拡大にも対応できるようになるでしょう。

5.成果の確認とプロジェクトの完了

設定した目標に対する達成度の測定と確認を行い、問題がなければプロジェクトの完了です。

数値だけでなく、Webマーケティング施策内容や工夫した点などについても、できるだけ詳細に共有してもらいましょう。次のプロジェクトや内製化に向けて重要な知見になります。

成果が出た場合は評価する一方で、目標を達成できなかった時は原因分析を行いましょう

委託先への丸投げは厳禁です。自社も積極的に関与して改善点を見つければ、次のステップにつなぐことができます。

Webマーケティングの業務委託を成功させるポイント

Webマーケティングの業務委託を成功させるためにも、次のようなポイントに注意しましょう。

  • 明確な目標を決める
  • 具体的なゴールを設定する
  • コミュニケーションを円滑にする
  • プロジェクトの規模に応じた委託先を選ぶ

それぞれ詳しく解説します。

明確な目標を決める

業務委託を成功に導くためには、明確な目標の設定が不可欠です。目標が曖昧であれば依頼する内容も不明確になり、結果として、提供されるサービスの質も求めるものとはズレが生じてしまいます

自社が強化したいフェーズを決めれば、目標も自然と定まってくるはずです。

▼主なフェーズと施策例

集客獲得購入共有
・SEO対策
・Web広告
・SNS広告
など
・LP最適化
・メールマーケティング
・内外部リンク施策
など
・リターゲティング広告
・A/Bテスト
・SNSキャンペーン
など
・SNSマーケティング
・会員限定コンテンツ
など

具体的なゴールを設定する

ゴールは具体的に設定しましょう。単に「売上アップ」といった曖昧な目標では不十分です。

「半年でアクセス数〇〇%アップ」のように具体的な数値を設定する必要があります。抽象的なゴールは委託先の正確な評価が行えなくなり、トラブルの元にもなるので注意が必要です。

ゴールは必ず事前に委託先と共有しておきましょう。

▶どんな指標を設定すべきかについては、「SEO対策を業務委託する際のポイントや成果指標、費用相場を解説!」の記事も参考になります。

コミュニケーションを円滑にする

業務委託では理解を深めるためのコミュニケーションが欠かせません。受発注の窓口を設けるだけでなく、自社側にも専任担当者を配置して緊密な連携を図りましょう

相互の要望や課題を共有しながら、最適な施策を立案できる環境を整備することが大切です。

プロジェクトの規模に応じた委託先を選定する

プロジェクトの規模によって業務委託先を変えるのも、ひとつの方法です。Webマーケティングの主な委託先としては、「フリーランス」「専門会社」「副業マーケター」が考えられます。

各委託先のメリット・デメリットを確認しておきましょう。

フリーランス

小規模なプロジェクトや特定のタスクには、フリーランスの利用が適しています。

メリット
・急な変更や緊急の対応にも迅速に対処できる
・オフィスやベネフィットの負担がかからないのでコスト面で有利
・特定の分野に詳しく、ニーズに合わせた成果を提供できる

デメリット
・健康や個人的な事情がプロジェクトに影響を与える可能性がある
・コミュニケーションが不足する恐れがある
・プロジェクト間で一貫性を保つのが難しい

専門業者

大規模で複雑なプロジェクトや複数の専門性を必要とする場合は、専門業者への委託が適しています。

メリット
・最新のトレンドやテクノロジーを把握している
・成功を収めるためのベストプラクティスを理解している
・専門的なリソースと幅広い技術力がある
・継続的なサポートとアップデートが期待できる

デメリット
・フリーランスに比べてコストが高くなる傾向にある
・特定の分野に不得手な業者が存在する
・費用とサービスの質は必ずしも一致しない

副業マーケター

コストを最重視する場合は、副業マーケターへの委託も視野に入るでしょう。

メリット
・コストが低い
・本業として別分野に従事している場合、その分野の専門知識も活用できる

デメリット
・時間的な制約が生じる恐れがある
・本業を優先した結果、業務が遅延する可能性がある
・専門的な知識や経験が不足していることがある
・業務レベルの差が大きい

Webマーケティングの業務委託先を選ぶ際に確認したいポイント

Webマーケティングの業務委託先を選ぶ際には、次のようなポイントを確認することが大切です。

  • 過去の実績や顧客のフィードバック
  • コミュニケーション能力
  • 提供されるサービスの範囲
  • 品質管理体制
  • サービスとコストのバランス

それぞれ詳しく見ていきましょう。

過去の実績と顧客からのフィードバック

業務委託先の選定においては、過去の実績と顧客からのフィードバックを確認することは大変重要です

業務品質や信頼性を把握するためにも、事績と事例は必ずチェックしておきましょう。顧客からの評価はサービスの質と対応力を客観的に知る上で参考になります。

コミュニケーション能力

メールやチャット対応の迅速さ、質問への丁寧な対応、要望の汲み取りやすさなどは事前に確認しておきましょう。委託先とのコミュニケーションは、Webマーケティングの成否を分ける大きな要素になります

契約前のコミュニケーションが円滑でなければ、正式依頼後の定期的な進捗報告と連絡も期待できません。

提供されるサービスの範囲

業務委託先が提供するサービスの範囲は、委託前に確認しておく必要があります。提供されるサービスと自社のニーズが合致しているか見極めましょう。

例えば、SEO対策の業務委託なら、キーワード選定からコンテンツ制作、外部対策までフル対応してくれるのか、一部のみなのかを確認しておきます。

提供されるサービスの範囲が不明確だと、後になって追加料金が発生したり、想定外の作業が必要になったりする可能性があるので注意が必要です

品質管理体制

品質管理体制が整っていればサービスの質が安定するだけではなく、トラブルのリスクも抑えられます

作業工程中のチェック体制や上位者による最終確認が行われているかなども確認しましょう。

品質基準のマニュアルが整備されているかどうかも確認項目のひとつです。

サービスとコストのバランス

サービスとコストのバランスも重要です。コストが高すぎれば業務委託のメリットを最大限に活かせません。一方、コストが極端に安い場合はサービスの質に不安があります。

実績のない業者が格安サービスを提供しているケースもあるため、価格だけで判断するとトラブルのリスクも高くなるので避けたほうがいいでしょう。複数社のサービスを比較しながら適正価格を判断するのが賢明です。

Webマーケティングの業務委託先を見つける方法

Webマーケティングの業務委託先を見つけるには、次のような方法が考えられます。

インターネット検索

「Webマーケティング会社」や「デジタルマーケティング代行会社」などのキーワードで検索する方法です。検索結果から各社のサイトを訪れ、サービスや実績、料金などを比較して業務委託先を見つけます

ソーシャルメディア

X(旧Twitter)やFacebookなどのソーシャルメディアプラットフォームで探す方法です。フリーランスのマーケターを見つけたい場合に有効な方法となります

業界関連のイベントやセミナーへの参加

Webマーケティングに関連するイベントやセミナーに参加して、業界の専門家や会社と直接交流を図る方法です。人となりやコミュニケーションレベルがわかりやすいため、ミスマッチが起きにくい方法と言えます

口コミや評判の調査

オンラインのコミュニティやポータルサイトなどで口コミや評判を調査して委託先を見つける方法です。

これらのような方法を組み合わせて、自社のニーズや予算に適した委託先を見つけましょう。

Webマーケティングを業務委託する際の費用相場

Webマーケティングを業務委託する際のおおまかな費用相場は、下表のとおりです。

対策内容費用相場
SEO対策月額30万~100万円
Web広告の運用広告費用の20%
SNSマーケティング月額20万~50万円
データ分析月額10万円~
Webコンサルティング月額30万~100万円

対応してもらうボリュームや業者によっても費用は大きく異なるので、複数の業者に見積もりを依頼して比較検討したほうがいいでしょう。

Webマーケティング業務委託を活用してビジネスの成長を加速させよう

Webマーケティングの業務委託は、専門知識と経験を活用して効果的なマーケティング戦略を実現するための手段です。

専門会社やフリーランスを利用すれば、リソースの効率的な活用や定量的な結果の測定が実現します。コストや一貫性については事前の調査・検討が必要ですが、マッチする委託先が見つかれば、柔軟な対応が叶うようになります。適切な委託先を選択して、企業の成長につながる効果の高いWebマーケティングを展開しましょう。

「自社でのWebマーケティング対応が難しい」とお悩みの方は、ぜひ一度実績豊富な弊社シンプリックの無料相談をご活用ください。弊社クライアントおよび弊社自身の成功事例をもとに、お客様が今取り組むべきことをお伝えし、弊社がどのような支援をできるかご説明させていただきます。

Webコンテンツ診断サービス
300サイト以上の集客改善経験を駆使し、SEO視点でサイトの課題を洗い出してWeb戦略を構築します

関連記事

  1. 未経験からフリーランスのWebライターになる方法|高収入も狙える!

  2. Webサイトの流入アクセスを増やす方法を解説|コンテンツSEOがおすす…

  3. インバウンドセールスとは | メリットや成功させるコツを徹底解説!

  4. Webマーケティング代行会社を利用するメリットや選び方を解説!おすすめ…

  5. howto-attract-people-to-sportevent

    スポーツイベントのWeb集客術を事例をもとに解説

  6. Googleで企業情報をナレッジパネルに表示させるための手続きとは?

  7. Web集客のやり方を徹底解説!4つの集客方法と成功のポイントを理解しよ…

  8. what-is-conversion

    Webマーケティングにおけるコンバージョンとは?CVRを上げる方法も解…

PAGE TOP