what-is-conversion

Webマーケティングにおけるコンバージョンとは?CVRを上げる方法も解説

Webマーケティングを成功させるためには、コンバージョンに関する知識や考え方が必須です。コンバージョンを理解できなければ、最終目標や追加すべきコンテンツなどが明確になりません。

そこで今回は、Webマーケティングにおけるコンバージョンについて、詳しく解説していきます。コンバージョンにはさまざまな種類があるので、それぞれの違いも確認していきましょう。

Webマーケティングにおけるコンバージョン(CV)とは

コンバージョンは、マーケティングにおいて「成果」という意味合いで使われる用語です。最終目標の達成に限らず、顧客に求めるアクション全般が含まれます。コンバージョンは単なる行動の数値ではありません。マーケティングにおける成果を示すものであり、費用対効果を評価するうえで重要な指標です。

具体的なコンバージョンは戦略によって異なりますが、「製品の購入」「新規会員登録」「商談依頼などの問い合わせ」などがコンバージョンの例として挙げられます。

マーケティング活動を通じてコンバージョン率を高めることは、ビジネスを成功させるために欠かせません。目標や業種に合わせて適切なコンバージョン目標を設定し、成果の最大化に役立てましょう。

Webマーケティングにおけるコンバージョンの種類

Webマーケティングにおけるコンバージョンには、主に以下のような種類があります。

  • 直接コンバージョン
  • 間接コンバージョン
  • ユニークコンバージョン
  • 総コンバージョン
  • クリックスルーコンバージョン
  • ビュースルーコンバージョン

直接コンバージョン

直接コンバージョンとは、広告やプロモーションを経由したユーザーが、サイトを離脱しないでコンバージョンに至ることです。セミナーの申し込みフォームから参加登録するようなケースも、直接コンバージョンと言えます。

間接コンバージョン

間接コンバージョンとは、コンバージョンまでに複数のステップや経路を辿ることを指します。

たとえば、広告経由でWebサイトに訪れたユーザーが離脱し、後日メールマーケティングによるプロモーションから商品の購入に至ったようなケースは間接コンバージョンです。

単一のタッチポイントで評価するのではなく、マーケティングの総合的な効果を考慮する際に役立つ指標と言えるでしょう。

ユニークコンバージョン

ユニークコンバージョンは、ユーザーの数を基準にしたコンバージョンです。同じユーザーが複数回コンバージョンをしても「1回」とカウントします。主に、新規ユーザーの獲得を評価する際に役立つ指標です。

たとえば、特定の広告から10回のコンバージョンが発生した場合、そのうち9回が同じユーザーであれば、ユニークコンバージョンは「2」となります。

総コンバージョン

総コンバージョンとは、設定しているアクションが行なわれた総数を指します。たとえば、同じユーザーが商品を3つ購入したときの総コンバージョンは「3」です。全体の成果や売上を把握したいときに役立ちます

クリックスルーコンバージョン

クリックスルーコンバージョンとは、広告を経由したユーザーが、一定の期間内にコンバージョンした数です。「一定の期間」は施策や戦略によって異なります。

広告を経由してサイトを訪れたユーザーが1度サイトを離脱し、数日後に再訪してコンバージョンに至ったようなケースも、クリックスルーコンバージョンとして計測されます。

ビュースルーコンバージョン

ビュースルーコンバージョンとは、広告をクリックせず、別ルートからサイトを訪問してコンバージョンに至ることです。特定の広告の間接的な効果を知りたいときに役立ちます。

Webマーケティングにおけるコンバージョン率(CVR)の重要性

コンバージョン率とは、目標を達成できた割合を示します。コンバージョン率はマーケティング施策の評価やビジネスの成長に直結するので大変重要です。

コンバージョン率の目安と測定方法を確認して、マーケティング戦略やWebサイトの改善に役立てましょう。

コンバージョン率(CVR)の目安

全業界における Google 広告の平均コンバージョン率は、検索広告が3.75%ディスプレイ広告が0.77% です。

検索広告はユーザーのニーズが比較的明確になっているため、コンバージョン率が高くなる傾向にあります。なお、動画広告の平均コンバージョン率は2.06%なので、静止画よりも宣伝効果が高いと考えていいでしょう。

ダイレクトメールの平均開封率は20~30%、平均クリック率は2.5~4.5%です。ただし、いずれも「何をコンバージョンとするか」によって結果は大きく変わるので注意が必要です。

コンバージョン率の平均値について詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

コンバージョン率の平均値とは?ビジネス成功の指標を理解しよう

コンバージョン率(CVR)の測定方法

コンバージョン率の主な測定方法を詳しく見ていきましょう。

Google Analytics(GA4)

ここでは、ランディングページのコンバージョン率を確認する方法を紹介します。

1.サイドバーの「探索」→「空白」を選択する

2.「ディメンション」を選択する

3.「ページ/スクリーン」から「ランディングページ+クエリ文字列」を選択してインポートする

4.「指標」を選択する

5.「セッション」から「セッションのコンバージョン率」を選択してインポートする

6.ディメンションの「ランディングページ+クエリ文字数」を「行」にドラッグして配置する

7.指標の「セッションのコンバージョン率」を「値」にドラッグして配置するとコンバージョン率が表示される

なお、値に指標「ユーザーのコンバージョン率」を加えれば同時に表示されます。

いずれにしても、Google Analytics(GA4)でコンバージョン率を確認する際には、基本的にセッション単位、またはユーザー単位になります。

Google広告

Google広告のコンバージョン率は、各キャンペーンの「コンバージョン率」で確認できます。

コンバージョン率(CVR)を上げる方法

マーケティングにおけるコンバージョン率(CVR)を上げる主な方法は、以下のとおりです。

  • ファーストビューを改善する
  • 導線設計を見直す
  • 入力フォーム最適化を行なう
  • 視覚的効果を高める
  • マーケティングオートメーション(MA)を使う

ファーストビューを改善する

ファーストビューはユーザーが最初に目にする箇所であるため、メッセージ性利便性がコンバージョン率を大きく左右します。

わかりやすいメッセージコール・トゥ・アクション(CTA)を配置して、ユーザーが次のステップを踏みやすくするようにしましょう。ただし、情報の詰め込み過ぎはユーザーの離脱につながるので注意が必要です。

導線設計を見直す

導線設計とは、ユーザーをコンバージョンへスムーズに導くためのサイト設計です。Webサイト内の回遊をユーザー目線で想定し、目的のコンテンツまで簡単にアクセスできるようにします。複雑なナビゲーションはユーザーを混乱させる可能性があるので避けましょう

具体的な行動を促す「購入する」「申し込む」「詳細を見る」などのボタンを目立つ場所に配置することも大切です。

ユーザーが求めている情報や重要なコンテンツは目立つ形で提示します。ユーザーの心情を分析してビジュアル要素やキャッチコピーを作成すれば、よりコンバージョン率を高められるでしょう。

入力フォーム最適化を行なう

入力フォームの最適化を行なえば、ユーザーの手間やストレスを減らすことができ、コンバージョン率を高めることができます。

途中離脱を避けるために、入力箇所は必要最小限にしましょう。サジェスト機能やポップアップ、自動入力などを活用するのも、ひとつの方法です。

ランディングページを最適化する

ランディングページは、コンバージョンに直結する重要なWebページです。最適化をする際には、問題となっている箇所の「仮説」を立て、ABテストを実施してコンバージョン率の変化を比較します。最適化後も定期的に検証を行ない、継続的に改善していくことが大切です。

視覚的効果を活用する

視覚的効果は、ユーザーの興味関心度を高めます。ユーザーに注目させたいコンテンツや要素は、カラーコントラストフォントスタイルなどを活用して目立たせましょう。

商品の写真やイラスト、バナーといった目に留まりやすいビジュアルの配置も重要です。カルーセルやホバーアニメーションを導入してみてもいいでしょう。

マーケティングオートメーション(MA)を使う

マーケティングオートメーションは、タイムリーでパーソナライズされたアプローチを実現します。セグメントによって施策を分けられるため、施策の画一的な展開に比べると、コンバージョンの可能性が大きくなります。

特定のトリガーに基づいて自動的にアクションを実行するワークフローを作成すれば、ユーザーとのエンゲージメントを促進してコンバージョン率を向上させることもできます。「ユーザーがフォームの送信を行った際に、自動でフォローアップメールを送信する」といったアクションも可能です。

Webマーケティングのコンバージョンを理解して成果を最大化させよう

コンバージョンは、Webマーケティングの展開と成功に欠かせない知識です。コンバージョンにはさまざまな種類があるので、商材に応じたコンバージョンを設定して施策を正しく評価できるようにしましょう。

コンバージョン率を上げるには、継続的なデータの測定と施策の改善が欠かせません。導線設計の見直しや入力フォームの最適化といった改善策も実施してコンバージョン率を高め、成果の最大化を目指しましょう。

コンバージョン率を上げたい方、リード獲得の相談をしたい方は、ぜひ弊社シンプリックの無料相談をご活用ください。お客様の現在抱えている課題や今後取り組もうとしていることなどをヒアリングしたうえで、弊社クライアントおよび弊社自身の成功事例をもとに、お客様が今取り組むべきことをお伝えし、弊社がどのような支援をできるかご説明させていただきます。

×

関連記事

  1. Web集客のやり方を徹底解説!4つの集客方法と成功のポイントを理解しよ…

  2. Webサイトの流入アクセスを増やす方法を解説|コンテンツSEOがおすす…

  3. ドメインオーソリティの目安を徹底調査!どこよりもわかりやすく解説

  4. Webマーケティングは何から始めたら良いのか?初心者向けの手順や方法を…

  5. Web集客の依頼はどこにするべき?おすすめ会社や費用相場、外注先の選び…

  6. way-to-reduce-bounce-rate-TOP

    直帰率を改善するために押さえておきたいポイントを解説

  7. conversion-rate

    コンバージョン率の平均値とは?ビジネス成功の指標を理解しよう

  8. internet_ads

    【インターネット広告の効果がないと感じる方へ】改善方法と新たな施策を解…

PAGE TOP