産婦人科が集客を成功させるためのポイントを徹底解説!

日本産婦人科医会が2022年に行った調査によると、日本全国の産婦人科施設数は4,908軒あります。全国各地に産婦人科が存在するため、産婦人科にとって「いかに他の産婦人科と差別化し、自院への来院数を増やすか」は非常に重要です。

ちなみに2006年は5,946軒の産婦人科施設が存在していました。つまり2006年から2022年にかけて約17%施設数が減少しています。「産婦人科の競合数が減ったため、集客がしやすくなった」と思うかもしれませんが、逆です。産婦人科は少子化の影響を直接受けており、集客ができず経営の継続が困難となった産婦人科が増えているということです。そしてこの流れは、今後も続くことが予想されています。

産婦人科には、産婦人科ならではの集客のポイントがあります。このポイントを知らずに「多分こんな感じで施策に取り組めば来院数を増やせるだろう」といったように適当・自己流で集客施策に取り組んでも、期待した集客の成果は出せないかもしれません。

本記事では産婦人科が集客を成功させるためのポイントを徹底解説しています。ずばり、産婦人科は「ホームページに正確で安心できる情報を十分に載せる」ことと「SEO対策やMEO対策により、ホームページの訪問者数を増やすこと」が重要です。

本記事の内容を理解し、産婦人科ならではの重要ポイントを押さえた集客戦略を立案し、実践していきましょう。

産婦人科が集客を考える際に最も意識するべきこと

産婦人科が集客を考える際は、ターゲットユーザーに「安心してもらうこと」を最も強く意識するべきです。

産婦人科に来院する人の多くは、「子供が欲しい女性」と「妊娠の可能性を疑っている女性」でしょう。子供が欲しい女性は「周りの人に通院していることをバレたくない」と思っているかもしれませんし、妊娠の可能性を疑っている女性は精神的に繊細かつ不安定な状態かもしれません。

このように産婦人科のターゲットユーザーは、産婦人科に来院するにあたり「心配・不安定」といったような感情・状況である可能性が高いです。そのため産婦人科は集客のために、これらのターゲットユーザーに「安心してもらうこと」が重要なのです。

それでは安心してもらうために、どのような取り組みを行う必要があるでしょうか。さまざまなものが考えられますが、例えば以下のような取り組みはターゲットユーザーに安心してもらうために効果的である可能性が高いです。

  • 子供が欲しい女性や妊娠の可能性を疑っている女性が、日々悩んでいる、もしくは知りたがっている情報をホームページから積極的に発信する
  • 待合室で他の来院者とどうしても鉢合わせしたくない女性向けに、プライバシーに配慮した予約のオプションを用意する
  • 新型コロナウイルスの感染防止のための取り組みを、院内とホームページの目立つところに掲載する

産婦人科が集客について考える際は、「どうすれば産婦人科への来院を検討しているセンシティブな状態の女性に、自院に対して安心感を持ってもらえるか」を常に意識しましょう。そうすれば自ずと、患者の求めている情報をホームページから発信することだったり、プライバシーに配慮した取り組みだったりが選択肢として挙がってくるはずです。

産婦人科の集客で重要な2つのこと

「ターゲットユーザーに安心してもらうこと」が集客において重要な産婦人科だからこそ、重要なことが2つあります。

  • ホームページに「正確で」「安心できる」情報を十分に載せる
  • ホームページの訪問者数を増やす

それぞれについて、順に解説します。

ホームページに「正確で」「安心できる」情報を十分に載せる

産婦人科への来院を検討する女性は、安心して通える産婦人科であるかを確かめるためにさまざまな情報を求めています。以下は、求めている情報の一例です。

  • 診療項目
  • 来院後の流れ
  • 料金
  • どんなドクターが対応してくれるか
  • 患者からの口コミ・評判
  • 部屋の清潔さ

来院を検討する女性は基本的に、産婦人科のホームページに目を通します。ホームページにたどり着くまでの経路として最も多いのはGoogleやYahoo!などの検索エンジンです。すでに産婦人科の名前を知っている場合は「ABC産婦人科」といったように固有名詞で検索するかもしれませんし、近隣の産婦人科を探している場合は「世田谷区 産婦人科」といったように地域名を含めて検索するかもしれません。

産婦人科についての情報が最も多く掲載されているのは基本的にホームページですから、来院を検討する女性はホームページ内のさまざまな情報に目を通します。その際、例えば診療項目の部分に簡単な説明しか記載されていなかったり、ドクターの顔写真が一切掲載されていなかったりしたら、「この産婦人科、大丈夫かな。」と不安に思われるかもしれません。

ホームページには、来院を検討する女性の不安材料をできるだけ取り除くため、安心するのに十分な情報を載せましょう。また発信する情報は「正確」である必要があります。もしホームページに掲載されている情報と、来院時に聞いた情報が異なる場合、女性は不信感を抱くでしょう。

ホームページの訪問者数を増やす

ホームページに「正確で」「安心できる」情報を十分に載せられたら、ホームページの訪問者数を増やすことに努めましょう。

ホームページは産婦人科にとって、ターゲットユーザーに必要な情報を伝え、問い合わせや来院の行動を促すための中心となる媒体です。集客のために活用する媒体として、SNSや各種Webメディア、広告などさまざまな選択肢がありますが、各媒体からホームページへの導線を用意し、最終的にはホームページにたどり着くよう設計しましょう。

産婦人科の集客に効果的なマーケティング施策

いざ集客・マーケティング施策に取り組もうと思っても、マーケティングに精通していない場合、どの施策を選べば良いか、また何から始めたら良いかわからないかもしれません。

ここでは産婦人科の集客に効果的なマーケティング施策を5つ紹介します。

  • SEO対策
  • MEO対策
  • リスティング広告
  • SNS運用
  • 集客力の強いサイトへの広告掲載

特に、検索エンジン経由でホームページへの訪問者数を増やす「SEO対策」は、産婦人科が集客数を増やすために必須の施策であるといえます。内容を確認し、しっかり理解しましょう。

SEO対策

SEO対策とは「GoogleやYahoo!などの検索エンジンで、サイトを検索結果の上位に表示させるための施策」です。産婦人科はホームページへの訪問者数を増やすために、SEO対策に取り組みましょう。

例えばGoogleで「世田谷区 産婦人科」と検索すると、検索結果が以下のように表示されました。

検索結果の一番上にはクリニック・病院の検索サイトのページが表示されており、二番目には世田谷区の産婦人科のサイトが表示されています。

産婦人科など店舗を構えるのが通例のビジネスでは、ターゲットユーザーは「地域名・駅名 産婦人科」といったように地域名や駅名を入れて検索することが多いです。そのため世田谷区に住んでいる産婦人科のターゲットユーザーの多くは、産婦人科を探す際に「世田谷区 産婦人科」と検索するでしょう。

このキーワードで検索結果の二番目に表示されている「杉山産婦人科」には、おそらく世田谷区に住んでいる産婦人科のターゲットユーザーの多くが来院しているはずです。

検索エンジンは日本中の人が使っています。若者を中心に情報収集の手段が多様化しており、InstagramなどのSNSで検索して情報を探す人も多くなりましたが、それでもGoogleなどの検索エンジンは日本中の人が日常的に使っているといって差し支えないでしょう。そのため産婦人科はSEO対策に取り組み、自院のターゲットユーザーの多くが検索するキーワードでの上位表示獲得を狙うべきです。

弊社シンプリックは、SEOのスペシャリスト集団です。SEOコンサルティングサービスでは、サイトから発信する記事を検索結果で上位表示させ、莫大な数の流入を獲得するご支援を行います。現在、プロのSEOコンサルタントによる無料相談を受け付けておりますので、興味があればまずはぜひ資料をダウンロードしてサービス内容をご確認ください。

SEOコンサルティングサービス
20年以上のSEO経験により培ってきたノウハウ・成功法則を
駆使して、お客様のSEOを成功に導きます

MEO対策

産婦人科など店舗を構えるのが通例のビジネスにおいて、SEO対策と並んで重要なのがMEO対策です。MEO対策とは「地図検索でサイトを上位表示させるための施策」であり、「地域名・駅名 産婦人科」などの地域性のあるキーワードで上位表示されれば、多くのターゲットユーザーに訪問してもらえます。

例えば先ほど「世田谷区 産婦人科」で検索した際の検索結果を紹介しましたが、実はこの検索結果には地図検索の結果も表示されていました。

「世田谷区」や「新宿駅」など、地域性のあるキーワードを含めて検索すると、Googleでは地図検索の結果も一緒に表示されます。近くの飲食店などを探す際にGoogleで地域名を入れて検索し、このような地図検索の結果を見たことがあるかもしれません。

Googleではあるキーワードで検索した際、1ページにつき10件の検索結果が表示されますが、仮にこの10件の中に表示されなかったとしても、地図検索結果上で3番目以内に入れれば、Googleの検索結果の1ページ目に表示されます。

例えば上の画像で、地図検索結果の二番目に表示されている「菊池産婦人科」は、2023年8月現在において「世田谷区 産婦人科」のキーワードでGoogle検索結果の10番目以内に表示されていません。しかし地図検索結果で3番目以内に入っているため、Google検索結果の1ページ目に医院名が表示されています。

このように地図検索結果でサイトを上位表示させるためには、Googleビジネスプロフィールに無料登録し、医院の最新情報を画像付きで定期的に発信したり、口コミ数を増やすための仕掛けを行ったり、口コミに対してこまめに返信したりなどの取り組みを行う必要があります。

産婦人科はSEO対策と併せて、MEO対策にも優先度高く対応するべきです。

リスティング広告

産婦人科の集客において、検索エンジン経由でホームページへの訪問者数を増やすことが重要であることをお伝えしてきましたが、ネット広告の一つである「リスティング広告」は、検索エンジン経由での集客と非常に相性が良いです。

リスティング広告とは「検索キーワードと連動して、検索結果に表示される広告」です。SEO対策やMEO対策に取り組み、検索結果で上位表示されるようになるまでには、施策に取り組み始めてから早くて3ヶ月から半年はかかるのが普通です。

しかしリスティング広告であれば、狙ったキーワードで検索された際にピンポイントでサイトに誘導するための広告を表示させられるため、特に集客で即効性を求める場合には効果的です。

SNS運用

SNSの活用も、産婦人科の集客に効果的です。産婦人科のターゲットユーザーは主に「20〜40代の女性」ですが、例えばInstagramは20〜40代の女性が多く使っており、子供が欲しい女性や妊娠しているか確かめたい女性が求めている情報をハッシュタグを付けて発信することで、多くのターゲットユーザーに認知してもらえるかもしれません。

キャンペーン情報や無料相談会の実施情報、女性向けのセミナー情報などを発信することで幅広くターゲットユーザーに「産婦人科に来院する理由づくり」ができます。もちろん、SNSアカウントを運用する際はプロフィール欄などにホームページのURLを掲載し、ホームページへの導線を用意しましょう。

集客力の強いサイトへの広告掲載

どの業界にも、業界専門の集客力の強いサイトが存在します。例えば「世田谷区 産婦人科」でGoogle検索すると、検索結果の1ページ目に「ドクターズ・ファイル」というクリニック・病院の検索サイトが表示されます。

サイトにアクセスすると、以下のように世田谷区の産婦人科の一覧が表示されます。

「世田谷区 産婦人科」のキーワードでGoogleの検索結果の一番上に表示されているわけですから、おそらく多くの人がこのサイトを訪れます。例えばこのドクターズ・ファイルの世田谷区の産婦人科一覧ページにおいて、一番上に表示されている「等々力産婦人科」はGoogleの検索結果の1ページ目(上位10番以内)には表示されていませんが、ドクターズ・ファイルでは一番上に表示されているため、多くの人が来院している可能性が高いです。

他にも、「世田谷区 産婦人科」の検索結果1ページ目に「caloo(カルー)」という病院口コミサイトが表示されていました。サイトにアクセスすると以下のように、世田谷区の産婦人科の口コミ一覧が表示されます。

このサイトで一番上に表示されている「池ノ上産婦人科」も、「世田谷区 産婦人科」のGoogle検索結果で1ページ目には表示されていませんでした。しかしcaloo上では一番上に表示されているため、このサイト経由で多くの来院者を獲得できているかもしれません。

このように業界専門の集客力の強いサイトにおいて、目立つところに自院の情報が表示されれば、Google検索結果で上のほうに表示されていなかったとしても、ネット経由で多くのターゲットユーザーに自院を見つけてもらえるかもしれません。

サイトによりますが、広告料を支払うことで自院の情報をサイト内の目立つところに表示してもらえる場合もあるため、広告掲載を検討してみると良いでしょう。

SEO対策に取り組み、産婦人科の集客を活性化させよう!

本記事の冒頭でもお伝えしましたが、産婦人科の数は少子化などの流れもあり、今後も減少が続く可能性が極めて高いです。このような状況の中で、集客数向上のための施策を戦略的に行わなかった場合、近い将来に来院数が減り、経営の継続が厳しくなるかもしれません。

集客数を増やし中長期的に安定した経営を実現するためにも、本記事で紹介したSEO対策やMEO対策に取り組みましょう。これらの施策は効果が出るまでにある程度の期間を要するため、できる限り早く始めるに越したことはありません。

産婦人科にとって特に重要なのはやはり、SEO対策です。ターゲットユーザーからの安心・信頼を獲得するためにホームページの情報を充実させ、一人でも多くの人にサイトに訪問してもらえるよう、特に「地域名・駅名 産婦人科」キーワードでの上位表示を目指してSEO対策に取り組むべきです。

弊社シンプリックはSEO対策のスペシャリスト集団であり、20年以上の長い実績・経験に基づく高度なスキルにより、産婦人科の集客数向上のために効果的な施策を打つことが可能です。

「産婦人科が行うべきSEO対策について、詳しく教えてほしい」「Web集客について相談したい」などのご要望がある場合、まずはぜひ弊社の無料相談サービスをご活用ください。すぐにSEO対策への取り組みを検討していなくても問題ありません。集客を活性化させて中長期的に安定した経営を実現するための方法を、SEO対策のプロである弊社が本気で考え、アドバイスいたします。

関連記事

  1. 0-meaning-of-leadgeneration

    リードジェネレーションとはどういう意味?ビジネスでの評価方法も解説

  2. conversion-rate

    コンバージョン率の平均値とは?ビジネス成功の指標を理解しよう

  3. 集客のコンサルティングとは?依頼するメリットや会社選びのポイントを解説…

  4. リードジェネレーション手法を徹底解説!成果を上げるために最適な戦略とは…

  5. howtoset-persona

    ペルソナの書き方をマスター!実例と活用方法で理解を深める

  6. 見込み客を獲得したい!効果的なリードジェネレーションの手法を基礎から徹…

  7. digital-marketing-funnel

    デジタルマーケティングファネルとは?効果的な活用法と最適化手法を徹底解…

  8. potential-customers

    【実例付】「まだまだ客」を「今すぐ客」に育てるコンテンツ活用法とは?

PAGE TOP