Webマーケティング代行会社を利用するメリットや選び方を解説!おすすめの代行会社も紹介

企業がより多くの見込み客(リスト)や顧客を獲得し、継続的に利益をもたらす優良顧客を作るためには、Webマーケティングの実践が欠かせません。

しかしいざ「Webマーケティングに取り組んで集客しよう!」と思っても、自社内にWebマーケティングのノウハウがなかったり、継続的にWebマーケティングの取り組みにリソースを割ける人員を確保できなかったりする企業が多いでしょう。実際、多くの企業がノウハウ・リソース不足により、成果の出るWebマーケティングの取り組みを継続的に行えていません。

ただし集客において、Webマーケティングの取り組みは必須です。Webマーケティングに取り組むにあたってノウハウ・リソース不足に悩む企業の多くは、Webマーケティングの代行会社を利用しています。代行会社を利用することで社内リソースを抑えながら、質の高い戦略・施策を実行できます。

本記事ではWebマーケティングの外注先の種類や代行会社を利用するメリット、外注できる施策の種類と費用相場、また会社の選び方などを解説しています。記事後半ではオススメのWebマーケティング代行会社を紹介していますので、Webマーケティングによる集客成功に向けた一歩として、ぜひまずは問い合わせて話を聞いてみてください。

Webマーケティング外注先の種類

Webマーケティングの外注先の種類は、大きく以下の2つです。

  • Webマーケティング代行会社
  • フリーランス

それぞれの特徴を、以下表にまとめました。

Webマーケティング代行会社フリーランス
外注費
品質の安定感
対応範囲
依頼側の工数

Webマーケティング代行会社

Webマーケティングを外注するにあたっては、Webマーケティング代行会社への外注が一般的です。

Webマーケティングで成果を出すためには、適切に戦略を練り、施策の実行結果を元に改善を繰り返すことが欠かせません。最初に立てた戦略が完璧であることはほとんどなく、仮説と検証のループで精度を上げていく必要があります。

Webマーケティング代行会社には、Webマーケティングにおける専門的な知見と豊富な経験を持つ「プロ」が多数在籍しており、複数のメンバーが協力しながら顧客企業の成果創出のためにコミットします。

個人に依頼する場合と比べて少し費用は高くなりますが、共に協力しながらWebマーケティングに取り組むことで、高い費用対効果を出せるでしょう。

Webマーケティング代行会社にはSEO対策やWeb広告運用、SNS運用、Webコンサル、その他のさまざまな施策について幅広く対応している「総合型の会社」と、弊社シンプリックのように特定の施策に特化している「特化型の会社」があります。

フリーランス

個人で活動しているWebマーケティングに精通したフリーランスに仕事を依頼する方法もあります。クラウドワークスランサーズなどのクラウドソーシングサービスを活用して依頼するか、仲介業者を介さずに直接依頼するのが一般的です。

直接依頼することで仲介業者に中抜きされず、費用が抑えられますが、仲介業者を活用することで目的のスキル・経験を持ったフリーランスを簡単に見つけられたり、発注手続きが簡単に行えたりするメリットがあります。絶対的にどちらの方法が良いというものではないため、フリーランスに依頼する際は自社に合った方法を選びましょう。

Webマーケティング代行会社に依頼するよりも、フリーランスに依頼したほうが費用は抑えられます。しかしフリーランスの中にはスキル・経歴を盛っていたり、返信が遅くコミュニケーションが取りづらかったり、投げやりで低品質な仕事をしたりする人もいます。

また代行会社に依頼する場合と比べて対応範囲が狭いことも多いです。とはいえスキルが高く対応範囲が広く、高品質な仕事をしてくれるフリーランスも多いため、自社でしっかりフリーランスのスキルの見極めができ、適切に指示出しできるメンバーがいる場合は、フリーランスに依頼するのも良いです。

Webマーケティング代行会社を利用するメリット

Webマーケティングの外注先の種類としてWebマーケティング代行会社とフリーランスを紹介しましたが、やはり確実に精度高く施策に取り組み、成果を出したいならWebマーケティング代行会社に依頼するのが無難です。

ここではWebマーケティング代行会社に依頼することで得られるメリットを5つ紹介します。

社内リソースを抑えられる

Webマーケティングに関する戦略構築や施策の実行を代行会社に依頼することで、Webマーケティングにかかる社内リソースを抑えられます。

もし自社内のみでWebマーケティングのあらゆる業務に対応しようとした場合、多くのリソースを割くことになります。例えば検索エンジンでのサイトの上位表示を目指す「SEO対策」に取り組む場合は、継続的にボリュームのある記事を作成する必要があります。また広告を出す場合は、広告用のクリエイティブ制作や運用にあたってのデータ分析が必要ですし、SNSを運用する場合は画像の撮影・編集、投稿文の作成などの業務が発生します。

会社にとって重要な本業と並行して、多くの人員がリソースをWebマーケティングに割く場合、本業のパフォーマンスが落ちる可能性もあります。社内リソースを抑えながら継続的にWebマーケティングに取り組むために、代行会社を利用するのがおすすめです。

採用や育成にかかるコストを抑えられる

Webマーケティングで成果を出すためには、専門知識・スキルが必要です。自社内の人員だけでWebマーケティングに取り組む場合、Webマーケティングの専門知識・スキルを身につけてもらうための育成のコストがかかりますし、外部から人員を加える場合は採用のコストがかかります。

これらは小さくないコストである場合がほとんどですので、採用や育成にかかるコストを抑えながらWebマーケティングに取り組めるのは、代行会社を利用する大きなメリットの一つです。

プロの知見を元に、質高く施策を実行できる


Webマーケティングの代行会社は、当然ながらWebマーケティングのプロです。代行会社を利用することで、様々な会社の支援を通じて蓄積されたプロの知見を借りられ、自社内の人員だけで取り組むよりも質高く施策を実行できる可能性が高いです。

特に自社内にWebマーケティングのノウハウがほぼ全くない会社の場合、プロの知見を借りることでWebマーケティングの成功確率を大幅に上げられるでしょう。

PDCAを回しながら、継続的に施策を実行できる

Webマーケティングにおいて、「こうすれば成果を出せる!」といったような絶対的な方法はありません。もしそのような方法があるならば、どの会社もWebマーケティングで集客を成功させているでしょう。

しかし、Webマーケティングで成果を出せる確率を上げる方法があるのは確かです。成果を出せる確率を上げるために最も重要なのは「精度高くPDCAを回すこと」です。

PDCAとは「Plan(計画)」、「Do(実行)」、「Check(評価)」、「Action(改善)」の頭文字をとったものであり、「こうすれば成果が出るのでは?」と計画を立ててから実行し、その結果を元に計画が正しかったかを評価し、正しくなかった場合は改善します。

Webマーケティングでは施策の実行結果が数値で明確に表れるため、結果が良ければ継続、悪ければ改善するといったことを繰り返すことで、成果を出せる確率を上げられます。自社内だけで精度高くPDCAを回すのは簡単ではありませんから、精度高くPDCAを回しながら継続的に施策を実行するためにも、代行会社の利用は効果的です。

外部からの客観的な視点を取り入れられる

自社内の人員だけでWebマーケティングに取り組む場合、どうしても「自分たちはこれが正しいと思っているから、こうすれば成果を出せるはず!」といったように戦略立案・施策実行にあたり主観が強くなります。

Webマーケティングの代行会社を利用することで、外部からの客観的な視点を取り入れられるため、主観による間違った戦略の元、施策を進めるといったことを避けられます。

Webマーケティングで外注できる施策と費用相場

Webマーケティングを外注するにあたり、外注できる施策の種類と費用相場を理解することが重要です。外注できる施策の種類は、主に以下の4つです。

  • SEO対策
  • Web広告運用
  • SNS運用
  • Webコンサルティング

以下表に、それぞれの概要と費用相場をまとめました。

概要費用相場
SEO対策検索エンジンの検索結果でサイトを上位表示させる●記事の作成
→数千〜10万円/本
●サイト内部の改善
→10〜50万円/月
●SEOコンサル
→10〜50万円/月
Web広告運用お金を払ってWeb広告を出す●固定型
→広告運用料に対して、通常10〜30%程度発生
●成果報酬型
→広告運用によりコンバージョンが発生したら支払い
SNS運用Twitter/XやInstagramなどのSNSアカウントから情報を発信し、フォロワー数を増やすなど多くのターゲットにリーチできるようにする●投稿作成のみ
→5〜10万円/月
●戦略構築やレポート作成、画像編集などまとめて依頼
→30〜50万円/月
WebコンサルティングWebマーケティングの戦略構築や現状分析、サイト設計などを行う10〜50万円/月

SEO対策

SEO対策とは「GoogleやYahoo!などの検索エンジンの検索結果で、サイトを上位表示させるための施策」です。例えばダイエット器具を販売している会社が「ダイエット方法 おすすめ」という多くの人が検索するキーワードで検索結果の一番上にサイトを表示させられれば、多くの見込み客からサイトにアクセスしてもらえます。


検索エンジンのシェアの大半を占めるGoogleは世界中の人が利用しており、日々さまざまなキーワードで検索をしています。

サイトがさまざまなキーワードで検索上位表示されれば、検索結果上で多くの人にサイトを見つけてもらえ、訪問してもらえるでしょう。そのうち一部の人が問い合わせや商品購入などの行動を起こしてくれれば、売上・利益を向上させられます。

SEO対策で重要なのは「検索ユーザーのニーズを満たす質の高いコンテンツを作ること」です。これはWebマーケティング代行会社が得意としていることであり、弊社シンプリックも質の高いコンテンツ作りに定評のある会社です。

SEO対策の外注費用は、具体的に取り組む施策の種類や対応範囲によって大きく異なりますが、概ね以下が費用相場です。

●記事の作成
→数千〜10万円/本

●サイト内部の改善(コーディングなど)
→10〜50万円/月

●SEOコンサル
→10〜50万円/月

「記事の作成」は多くの会社が外注していますが、基本的には「記事単価」と「作成本数」で費用が決まります。例えば記事単価3万円で10本の記事作成を依頼した場合、かかる費用は30万円です。

さまざまなWeb集客施策の中でも、SEO対策は特に重要な施策といえます。弊社シンプリックはSEOに特化した会社であり現在、SEO対策で成果を出したいWeb担当者様向けに「SEO対策の無料相談」を実施中です。プロのSEOコンサルタントが「SEO対策で成果を出すために重要なこと」などSEOのノウハウを伝授しますので、ぜひお気軽にご相談ください。

Web広告運用


Webマーケティングと聞くと、Web広告をイメージする人も多いでしょう。Web広告はSEO対策やSNS運用と比べて即効性があり、お金を払えばすぐにターゲットにリーチできます。

しかし素人がWeb広告を運用しても、費用に見合った成果を出せないことが多いです。Web広告の運用には適切な出稿媒体の選択や出稿方法の実践が必要であり、これには統計学やベテラン運用者の判断に基づいた専門的なノウハウが欠かせません。広告の出稿自体は誰でも簡単にできますが、「成果の出る広告運用」を行うためには、やはりWeb代行会社に依頼するのが一番です。

Web広告にはリスティング広告やSNS広告、動画広告、ディスプレイ広告などさまざまな種類があります。それぞれの特徴は以下の記事で解説しています。

オウンドメディアを活用した集客方法とは?成功のポイントと手順を解説! ーWeb広告

代行会社にWeb広告運用を依頼した場合の費用の発生方法はさまざまです。例えば30万円で広告運用を依頼すると、運用手数料として10〜30%程度かかることが多く、これが最も一般的な費用の発生方法です。

また広告運用によりコンバージョン(問い合わせや商品購入などの成果)が発生した際に費用を支払う、成果報酬型の運用形態もあります。

Web広告の中でもリスティング広告は多くの会社が活用していますが、リスティング広告については以下の記事で詳しく解説しているため、出稿を検討している場合はぜひお読みください。

SEOとリスティング広告の違い | 自社に合った選び方を解説

SNS運用

Twitter/XやInstagram、FacebookなどのSNSのアカウントを開設して情報発信を行うことで、フォロワー数を増やし、ターゲットへのリーチ数を上げるために行うのがSNS運用です。

各SNSごとに特徴があるため、自社の業種やターゲットに合ったSNSを活用する必要があります。例えばInstagramは写真の投稿プラットフォームですが、飲食店や美容クリニック、観光業などは「映える」写真を頻繁に投稿しやすく、自社のターゲットにフォローしてもらいやすいです。

SNSのフォロワー数は、「適当に」情報発信を行いアカウントを運用してもなかなか増えません。「自社のターゲットは誰で、その人にどう見られたいか」を意識し、ターゲットに役立つ、もしくは楽しいと感じてもらえる情報を発信し、適度にコミュニケーションを取るなど高度なWebマーケティングのスキルを要します。

基本的には頻繁に投稿を行う必要があるため、自社での運用が難しければWebマーケティング代行会社に依頼しましょう。

費用相場は、簡単な投稿作成であれば月5〜10万円程度、戦略構築やレポート作成、分析、画像編集などまとめて依頼する場合は月30万円程度かかります。

SNSはオウンドメディア(自社運営のサイト)と組み合わせることで、大きな効果を発揮します。以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひお読みください。

オウンドメディア集客にSNSを活用する際のポイントを徹底解説!

Webコンサルティング


Webマーケティングにおける戦略構築やサイト分析、サイト設計、コンテンツ企画などを行うのが「Webコンサルティング」です。

Webマーケティングでは、施策の効果が全て数値で明確に出ます。例えばWeb広告を運用した結果、どれくらいの人に広告ページを開いてもらえ、そのうち何名に資料請求や問い合わせなどのボタンをクリックしてもらえたかなど、その他にもあらゆるデータが数値で可視化されます。

それらの数値を見ながら戦略を立てたり、改善策を立案したりすることが、Webマーケティングの成功には欠かせません。またこれからWebマーケティングに取り組む場合でも数値を見ながら現状分析を行い、「何にどれだけリソースを割いて取り組むべきか」を精度高く考える必要があります。

これらの専門的かつ高度な業務に対応できる人が社内にいることは稀でしょう。社内に専門的な知見を持つ人がいなければ、Webマーケティング代行会社に依頼するべきです。

Webコンサルティングを外注した際にかかる費用相場は、概ね10〜50万円ほどです。

Webマーケティング代行会社の利用前に明確化するべきこと


「とりあえずWebマーケティングの代行会社に任せれば、集客面はなんとかしてくれるだろう!」という淡い期待は、捨て去りましょう。プロに丸投げすれば成果が出るという単純な話でないことはわかっているはずです。

代行会社と密に情報連携しながら協力して取り組まないと、Webマーケティングで十分な成果は出せません。その一環で、Webマーケティング代行会社を利用する前の準備として、明確化するべきことが4つあります。

  • 目的
  • 目標
  • 予算
  • 自社でかけられる人的リソース

それぞれについて、順に解説します。

目的

代行会社を利用する前に、利用の目的を明確にしておきましょう。どの会社にも共通していることは「集客数を増やして売上・利益を上げたい」というものです。

しかし目的はできる限り具体的であるほうが望ましいです。代行会社の利用を検討している理由は、なんでしょうか。この質問への回答がそのまま目的となります。

運営している通販サイトに多くの人に訪れてもらい、販売数を増やすことが目的かもしれませんし、自社サイト経由での問い合わせ数を増やすことが目的かもしれません。あるいは、多くの求職者に採用ページを訪れてもらい、採用力を強化したいといった目的かもしれません。

目的を明確化することで、代行会社は目的達成のためにより適した戦略を立てられます。当然ながら「採用力の強化」が目的の場合と「自社サービスに関する問い合わせ数を増やすこと」が目的の場合では、適した戦略は異なるでしょう。

目標


目的を明確にできたら、次に目標を明確にしましょう。目的と目標の違いがわからない人もいるかもしれませんが、目的が「なんのために」という質問への回答であるのに対して、目標は「目的の達成度合いを測る、具体的な指標」のことです。

例えば目的が「採用力の強化」であれば、目標は「1年以内に30人の求職者から求人に応募してもらい、5人を採用する」といったものになります。

目標はこのように「期限を切って、数値で具体的に設定する」のが基本です。目標が明確であれば、目標達成のための具体的な計画を立てられます。代行会社に目標を共有することで、目標達成のために適した提案をしてもらえるため、利用前に必ず目標を明確にしておきましょう。

予算

目標が明確になったら、目標達成のためにかけられる予算を明確にしましょう。例えば「1年以内にサイト経由での問い合わせ数を3倍にするため、毎月50万円の予算を確保する」といったように予算を明確にします。

予算が明確になれば、Webマーケティングの代行会社も予算の範囲内で取り組める提案をしてくれます。逆に予算が明確でないと、代行会社は具体的な提案ができなくなります。

自社でかけられる人的リソース

予算と併せて、Webマーケティングにかけられる人的リソースを明確にしておきましょう。これも目的や目標、予算と同じく、明確にすることで代行会社からより的確な提案を受けられるようになります。また代行会社との認識のギャップが起きる可能性を減らせます。

例えばSEO対策に毎月50万円をかけるとした場合、自社で人的リソースをほとんどかけらないのであれば、作成した記事の校正やCMS入稿、公開まで代行会社に任せたほうが良いかもしれません。そうなれば、代行会社は50万円の予算内で対応するため、校正やCMS入稿、公開がない場合と比べて作成する記事の本数を減らすという選択を取るかもしれません。

このように自社でかけられる人的リソースを明確にしておき、代行会社に事前に共有することで、代行会社はクライアントがかけられる人的リソースを加味したプランを立てられます。

Webマーケティング代行会社の選び方


Webマーケティング代行会社は世の中に数多く存在しますが、自社に合った代行会社を選ばないと期待した取り組みをしてくれなかったり、全然成果が出なかったりする可能性があります。

ここではWebマーケティング代行会社の選び方を4つ紹介するため、ぜひ会社選びの際のガイドラインとしてご活用ください。

  • 自社が属している業界に強いか
  • 予算内で、自社の求める範囲に対応してくれるか
  • 自社のことを理解するため、入念に調査やヒアリングをしてくれるか
  • 担当者の力量や実績は十分か

それぞれについて、順に解説します。

自社が属している業界に強いか

Webマーケティングの代行会社には、それぞれにその会社ならではの強みがあります。自社と相性が良い会社もあれば悪い会社もあるため、一概に有名で評判が高いから自社にとって良い会社とは言い切れません。

自社との相性を確認するために特に重要なのは、自社が属している業界に強いかです。例えば法律や医療などの専門性が高い分野で事業を行っている場合、業界に強い代行会社であれば法律や専門用語、またターゲットがどんな悩み・ニーズを持っているかよく理解しているため、より質の高い施策を打てるでしょう。

逆に自社の業界に強くない場合、代行会社は調査やヒアリングに時間をかけるため費用が高くなったり、情報共有のために自社リソースを多く割いたりする必要があるかもしれません。自社の属している業界がニッチで、その業界に強い代行会社が少ない場合は、できる限り近しい業界に強いかを確認するでも問題ありません。

自社が属している業界に強いかを確認する方法としては、例えば以下のようなものがあります。

  • 対応件数が豊富である
  • Webマーケティングの支援先が大きな成果を出している
  • 業界に強い専門家が多数在籍している

できれば、上記3つを満たした代行会社に依頼するべきです。

予算内で、自社の求める業務範囲に対応してくれるか

予算内で、自社の求める業務範囲に対応してくれる代行会社を選びましょう。例えばSEO対策において、記事の制作全般を依頼したいにもかかわらず、代行会社では記事の企画・構成案作成しか対応してくれない場合、自社の要望を満たしていません。

また広告運用において、クリエイティブの制作から運用まで一気通貫で依頼したいにもかかわらず、運用の部分だけしか対応してくれない場合、これも自社の要望を満たしていません。会社によって対応可能な業務範囲は異なり、中にはかなり業務範囲が限定的な会社もあるため、「どこまでを代行会社に任せるか。あるいはどこまでを自社で対応するか」を明確にしたうえで、自社の求める業務範囲に対応してくれる代行会社を選びましょう。

自社のことを理解するため、入念に調査やヒアリングをしてくれるか


Webマーケティングの支援を代行会社に依頼するにあたり、当然ながら成果にコミットしてくれる会社であるほうが望ましいです。そして成果にコミットしてくれる会社であれば、自社に適した戦略を立案して施策を実行するため、自社のことをよく理解しようとするでしょう。

依頼前の段階で、自社のことを理解するため入念に調査やヒアリングを実施し、自社に適した具体的な提案をしてくれる会社は、成果にコミットしてくれる会社である可能性が高いです。

担当者の力量や実績は十分か

Webマーケティングの代行会社選びにおいて、単に会社が有名で評判が高かったり、営業マンの知識が豊富に感じたという理由だけで選ぶべきではありません。

特に営業マンの知識が豊富に感じたからという理由で会社選びをすると、実際にWebマーケティングを対応する担当者の力量は乏しく、期待外れだったという可能性があるため注意が必要です。

会社選びをするにあたり、「誰が対応するのか、担当者なのか」は必ず確認しておくべきです。担当者の力量や実績が十分であれば、仮に自社の業界における会社の実績が十分でなかったとしても、質の高い戦略立案・施策実行を行ってくれる可能性があります。

成果にコミットする、株式会社シンプリック


弊社シンプリックは、Webマーケティングの中でも特に「SEO対策」に強みを持つ編集プロダクションです。

Webマーケティングには、SEO対策を軸とした自社サイトへの集客施策と、広告、SNS運用といった施策が存在します。これら全ての施策に共通しているのは「良いコンテンツを作ること」と「コンテンツを多くのターゲットに届けること」の2つです。

まずは、良いコンテンツを作ることが重要です。例えばサイト経由での販売数・問い合わせ数を増やしたいのであれば魅力的な商品紹介ページなどが必要ですし、採用力を強化したいのであれば魅力的な採用ページ・求人ページが必要です。またターゲットの悩みを解決するノウハウ系のコンテンツを作ることも重要です。

弊社のSEO対策サービスでは、良いコンテンツ作りを行うことに加えて、ターゲットにコンテンツを届けるための戦略構築も行います。良いコンテンツを作ってもターゲットに見つけてもらえなければ、意味がありません。コンテンツにターゲットを誘うための導線を用意し、一人でも多くのターゲットにコンテンツを見つけてもらうことで、Webマーケティングの成功確率を上げられます。

弊社は20年以上にわたってWebマーケティング・SEO対策の支援を行っており、あらゆる業界の多くの企業において大幅な集客数の増加を実現してきました。

以下のようなニーズをお持ちであれば、ぜひ弊社シンプリックにお声がけください。お客様のビジネス成果にコミットし、熱意を持って戦略構築から施策の実行まで対応いたします。

  • Webマーケティングの戦略について、相談したい
  • 現状のWebマーケティングにおける課題を分析し、改善策を提案してほしい
  • 成果にコミットしてくれる、熱意のある会社に依頼したい

【まとめ】成果にコミットしてくれる、熱意のある会社に依頼しよう

本記事では、Webマーケティングの代行会社を利用するメリットや外注できる施策の種類と費用相場、選び方などを解説しました。自社に合った会社選びを行い、丸投げせず一緒に協力して取り組むことで、Webマーケティングの成功確率を上げられます。

会社選びの際に見るべき項目としては実績や対応できる業務範囲などさまざまなものが存在しますが、成果にコミットしてくれる熱意のある会社に依頼することが重要です。また会社だけでなく、対応してくれる担当者がどんな人かも確認しましょう。

弊社シンプリックでは、企業がWebマーケティングを実践するにあたっての無料オンライン相談サービスを提供中です。すぐにWebマーケティングの代行依頼を検討していない場合でも、ぜひお気軽にご相談ください。弊社に在籍しているWebマーケティングのプロが、お客様のビジネス成長のために適した戦略・施策を考え、全力で価値提供をいたします。

関連記事

  1. conversion-rate

    コンバージョン率の平均値とは?ビジネス成功の指標を理解しよう

  2. Googleで企業情報をナレッジパネルに表示させるための手続きとは?

  3. 記事LPとは?成果の出るLPの作り方を7ステップで解説!

  4. Googleタグマネージャー(GTM)の使い方-GA4の設定も解説

  5. Web集客の依頼はどこにするべき?おすすめ会社や費用相場、外注先の選び…

  6. howto-attract-people-to-sportevent

    スポーツイベントのWeb集客術を事例をもとに解説

  7. howtostart-digitalmarketing

    【初心者必見】Webマーケティングの始め方と成果を上げる方法

  8. internet_ads

    【インターネット広告の効果がないと感じる方へ】改善方法と新たな施策を解…

PAGE TOP