コンテンツマーケティングのおすすめ本を紹介|SEOやライティングも学べる5冊!

自社でコンテンツマーケティングをはじめるときに、何から手をつければいいか分からないこともあるのではないでしょうか。

コンテンツマーケティングの概要を学ぶなら、本を読むという手段も有効です。書籍には、プロが培ってきた知識が詰め込まれており、1冊読むだけでもコンテンツマーケティングの知識を深めることができるでしょう。

さまざまなコンテンツマーケティングの本がありますが、本記事では、その中でも特におすすめできる5冊を紹介します。まず「コンテンツマーケティングの基礎や仕組み」を知りたい方に向けたおすすめの解説本を3冊取り上げています。続いて、コンテンツマーケティングには欠かせない「SEO」や「SEOライティング」を深掘りできる2冊を紹介。コンテンツマーケティングをこれから学び始める方や業務では関わっているが改めておさらいをしたいという方は、本記事を読んで興味の持てる本がないか、チェックしてみてください。

コンテンツマーケテイングの基礎や仕組みの理解が進む本3選

コンテンツマーケティングとは、「有益なコンテンツを情報価値として届けることによりWebサイトのファンや読者を増やし、サービスの購入や問い合わせを増やす施策」になります。

広告費が高騰している背景もあり、長期的な”集客資産”をつくる施策として、コンテンツマーケティングの注目は高まっています。コンテンツマーケティングの学習本では、基礎を理解できることはもちろん「どうやって顧客との関係性を強化しサービスの購入や問い合わせを増やすか」が解説されていることが理想です。そのような観点からおすすめしたい、コンテンツマーケティングの本を3冊ご紹介します。

『Webコンテンツマーケティング』-サイトを成功に導く現場の教科書-

コンテンツマーケティングについて詳しく解説されており、初心者向けにさまざまな情報を網羅しているのが、こちらの本です。

タイトルにある通り、「現場の教科書」のような存在であり、基礎的な概念をはじめ、コンテンツマーケティングのはじめ方やコンテンツの作り方まで丁寧に紹介されています。

具体的なノウハウが掲載されており、コンテンツの制作・拡散・チューニングの手法を知ることができるため、コンテンツマーケティングを幅広く学びたい方におすすめの1冊です。

★Amazonでチェックする

『商品を売るな』-コンテンツマーケティングで「見つけてもらう」仕組みをつくる-

「商品を売るな」というキャッチーなコピーが目に止まる良本。

「売る」よりも「見つけてもらう」コンテンツを作ることにより、マーケティングを成功に導くためのノウハウが詰まっています。従来のマーケティング手法が通用しなくなっている情報過多の時代に有効な「売らない」コンテンツマーケティングについて解説している本です。

商品を売らない8つの理由を取り上げており、コンテンツマーケティングを学ぶ上で欠かせないマーケティング手法の全貌が書かれています。国内・海外企業の事例も紹介されていますので、売らないマーケティングを学ぶのに最適な1冊と言えるでしょう。

★Amazonでチェックする

『オウンドメディアのやさしい教科書。』-ブランド力・業績を向上させるための戦略・制作・改善メソッド-

コンテンツマーケティングの中でも、「オウンドメディア」に特化して解説している本が、『オウンドメディアのやさしい教科書』です。

多くの企業がオウンドメディアを制作・運用していますが、ブランディングやユーザーとのコミュニケーション面で苦労している企業が多いのが現実です。

また、オウンドメディアを新規プロジェクトとして立ち上げたいものの社内の理解が得られない、メディアを作ったものの効果測定の方法が分からない、などのケースにおけるアクションが解説されています。オウンドメディアの課題ごとの解決策と合わせて、コンテンツマーケティングについて学ぶことができる本なのです。

Amazonでチェックする

SEOやコンテンツライティングまで深掘りできる本2選

次に紹介するのは、SEOやライティングについて学べる本です。コンテンツマーケティングにおいて重要な要素が、記事コンテンツの作成・提供によるSEO集客です。良いコンテンツを用意したとしても、見込み顧客に見てもらわなければ意味がありません。

SEOに対する曖昧な知識でマーケティング企画を進めるのではなく、正しいSEO対策の知識やライティング方法を学び実践することで、コンテンツマーケティングを成功に近づけることができます。SEOとWebライティングを学ぶことができるおすすめ本を2冊紹介します。

『沈黙のWebライティング』-Webマーケッター ボーンの激闘-

SEOライティングの定番書として定評のある本が『沈黙のWebライティング』です。

アマゾンではベストセラー1位になっており、SEOやライティングを学ぶ入門書として多くの読者から評価を得ています。漫画のようにストーリー調の会話形式で解説されており、SEOやSEOライティングへの理解をスムーズに深めていける本です。

コンテンツマーケティングを学ぶ上でおさらいするべきことが、各章ごとにまとめられているので、読み終えた後でもポイントを振り返りやすくなっています。オウンドメディアなどWebサイトでのライティングに限らず、ビジネス文書にも活用できる内容が網羅されています。

★Amazonでチェックする

『10年つかえるSEOの基本』

タイトルの通り、アルゴリズムの変化に左右されない「SEOの基本」を学ぶことができる本です。

「SEOとはどのようなものなのか?」という基本的な考え方から紹介されています。変わることが多いトレンドの情報を紹介するのではなく、SEOの普遍的な考え方が初心者でもわかりやすく解説されており、コンテンツマーケティングを学ぶ際にはおさえておきたい書籍。コンテンツマーケティングで行き詰まっている方やSEOで成果が出ていない方が、基礎に立ち返り解決策を考えられる1冊です。

★Amazonでチェックする

コンテンツマーケティングの理解を深めよう

コンテンツマーケティングをはじめるなら知っておきたい、メディア運営のコツやSEOの基本が学べる書籍を紹介してきました。

コンテンツマーケティングは、”プル型”の集客施策として有効なマーケティング手法です。コンテンツマーケティングを実践するのであれば、基礎や仕組みを理解し、自社商材にあった展開の仕方を検討したいもの。コンテンツマーケティングへの理解度や自社商材へのニーズに合わせた本を読むことで、自社なりの進め方が見えてくるでしょう。

コンテンツマーケティングの基礎を理解したら、SEOやSEOライティングを学ぶことができる『沈黙のWebライティング』は読んでおきたいおすすめの1冊です。自社のマーケティングを成功に導く1手段として、書籍を通してコンテンツマーケティングへの理解を深めていきましょう。

関連記事

  1. BtoBにおけるコンテンツマーケティングの手法と成功事例5選を紹介

  2. コンテンツマーケティングって記事の上位表示のこと?コンテンツSEOとの…

PAGE TOP