• SEO対策
  •    

【事例有り】コンテンツSEOとは?記事を継続して公開し集客資産をつくる手法

集客拡大のために「コンテンツSEO」の導入を検討している経営者や担当者の方も多いのではないでしょうか。コンテンツSEOには数多くの利点がありますが、成功させるためにはSEO導入の正しい手順や、メリット・デメリットなどを知っておくことも大切です。

そこで記事では、コンテンツSEOのメリットや注意点について詳しく解説いたします。成功事例もご紹介いたしますので、SEO導入後、なかなか効果が得られていないという方も、ぜひ参考にしてみてください。

コンテンツSEOとは?

コンテンツSEOとは、記事などのコンテンツを継続的に発信することで自然検索からの集客を狙うWebマーケティングの手法です。ユーザーの情報ニーズを満たす、質の高い記事コンテンツを作成し、検索上位に表示させることでアクセスアップを図ります。

また、コンテンツの作成と同時に、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンから評価されやすくするために、HTMLタグなどの改善も行います。

コンテンツ公開後はアクセス数や離脱率などを測定しながらリライトを繰り返し、検索順位を維持または向上させることも重要です。

また、「コンテンツマーケティング」というコンテンツSEOに似た施策もありますが、両者の目的は異なります。

コンテンツSEO:検索エンジンに対してコンテンツの質を上げ、検索結果の上位表示を狙う施策
コンテンツマーケティング:ユーザーに対して有益なコンテンツを作成・発信することで、コンバージョンの獲得を狙う施策

どちらもWebマーケティングの手法ですが、厳密には意味合いが異なる点はおさえておきましょう。

コンテンツSEOのメリットとは?

marketing-illustration

では、コンテンツSEOにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

  1. 長期的な集客を期待できる
  2. 潜在顧客にアプローチできる
  3. 制作したサイトやページが資産になる
  4. SNSで拡散されやすい

それぞれ詳しく解説いたします。

1. 長期的な集客を期待できる

検索ユーザーは検索結果の上位に表示される記事からアクセスしていく傾向があるため、検索の上位に表示されれば長期的な集客が期待できます。

検索エンジンのアルゴリズムアップデートによる順位の変動もありますが、ユーザーのニーズを満たした質の高いコンテンツを作成すれば、順位が大幅に下落する可能性はほとんどありません。

2. 潜在顧客にアプローチできる

コンテンツSEOは、潜在顧客へのアプローチ方法としても有効です。潜在顧客とは「悩みを抱えてはいるが、その悩みや、解決につながる商品を認識していない顧客」のことです。

「顕在顧客」や「見込み顧客」と混同されがちなので、それぞれの違いも確認しておきましょう。

潜在顧客ニーズの自覚がなく、特定企業の製品やサービスに関する知識もない
顕在顧客ニーズは自覚しているが、特定企業の製品やサービスに関する知識はない
見込み顧客ニーズを自覚し、特定企業の製品やサービスに関する知識もある

潜在顧客が何かのきっかけでニーズを認識すれば、顕在顧客や見込み顧客になる可能性があります。顕在層に比べると反応率は高くありませんが、顕在層向けの施策は、キーワードの枯渇や競合過多などの問題をクリアしなければいけないので難易度が上がります。

一方、潜在層へのコンテンツSEOはリーチの幅が広いため、多くの潜在層に悩みの解決法や商品を認識してもらい、顧客化へ誘導できる可能性が高まります。

潜在層のアクセスを獲得して顕在層や見込み顧客に育成する施策を準備しておくことは、中長期的な企業の成長を支えるうえで大変重要なのです。

3. 制作したサイトやページが資産になる

広告費を支払えば、広告は検索結果の上部に表示されますが、広告出稿期間中は常にコストが発生します。一方、作成した記事コンテンツが検索結果の上位に表示されれば、広告費はかかりません。

また、作成したコンテンツはこちらが削除しない限りは残り続けるため、上位表示できるコンテンツの作成ができれば、その数と比例して集客資産が積み上がってくるといえます。

4. SNSで拡散されやすい

ユーザーにとって有益な情報を発信すると、SNSで拡散されることがあります。

SNSからのリンクにはnofollowというページの評価を無効化するタグが付与されているため、バックリンクとして直接的なSEO効果はありませんが、コンテンツがSNS上で拡散されれば、「新たなユーザーの目にとまりやすくなる」というメリットがあります。

ブログ記事などはSNSと親和性が高いため、各SNSに飛べるソーシャルボタンを設置して拡散されやすい環境を整えておくとよいでしょう。

コンテンツSEOの注意点

feedback

メリットの多いコンテンツSEOですが、こんな注意点もあります。

  • 効果が現れるのに時間がかかる
  • 定期的なメンテナンスが必要
  • キーワードの選定を誤ると、コンバージョンに直結しない

それぞれ詳しく解説していきます。

効果が現れるのに時間がかかる

質の高いコンテンツを作成し公開しても、検索エンジンの評価が安定するまでには時間がかかることがあります。また、順位の向上や安定には、一定の「コンテンツ量」が求められるため、制作期間を考慮すると相応の時間がかかります。

場合によっては半年から年単位での取り組みが必要となるため、長期的な視点で導入の検討を進めましょう。

定期的なメンテナンスが必要

コンテンツSEOでは、記事を掲載すれば必ず上位表示されるわけではありません。掲載から3ヶ月〜6ヶ月が経っても思うように上位表示されない場合は、記事のリライトを検討しましょう。

Googleは検索ユーザーが求めている「ユーザーファースト」なページを上位表示させます。そのため、「専門性が高い」「ユーザーの課題・疑問を解決できている」「独自性が高い」「信頼性が高い」ページづくりを意識しましょう。

加えて、以下のような視点でリライトするページを見直し、定期的に改善を加えます。

  • 競合ページと比べて、構成で不足を感じる部分はないか
  • 文章がロジカルにライティングできているか
  • タイトルや見出しタグには獲得したいキーワードが含まれているか
  • ユーザーの理解を助ける図解は挿入されているか

このように、記事を掲載したら終わりではなく、継続的な運用も必要となるのがコンテンツSEOの注意点です。一見、面倒だと感じてしまいますが、掲載記事のリライトはSEO効果を高めるために重要なので、たとえ自社内の対応が難しかったとしても、外注で対応していきたいところです。

キーワードの選定を誤ると、コンバージョンに直結しない

コンテンツSEOで最も重要といっても過言でないのが「キーワード選定」です。コンテンツSEOでは、まずメインで獲得を狙うキーワードを決めてから記事の構成が決まります。

キーワードは「見込み顧客」「潜在顧客」「顕在顧客」が、自社商品・サービスで解決できる課題を抱えているとき、”何を検索エンジンで調べるのか”を起点に洗い出す必要があります。

また、検索ボリュームが多く、競合企業のページがたくさん上位表示されている場合や上位表示のコンテンツ文字数や質が高い場合、権威性のあるドメインばかり上位表示されている場合は、なかなか上位獲得できないので避けるなどの判断も必要となります。

権威性のあるドメインとは、国や行政といったパブリックなサイトや、大手企業のサイトなどのことです。

このようにキーワード選定には、選定を補助してくれるツールは多くありますが、絶対的に正しい選び方はありません。これまでのSEO施策の経験値やSEO戦略の理解によって、キーワード選定の質は左右されるので、経験の少ない担当者が選ぶと、コンバージョンに直結しない恐れがあります。

コンテンツSEOの手順

pdca

ここからは、コンンテンツSEOを展開していくための手順を詳しくご紹介していきます。初めてコンテンツSEOに取り組むという方も、ぜひ参考にしてみてください。

1.目的を明確にする

まずは、コンテンツSEOを導入する目的を明確化しましょう。

アクセス数を増やしたいのか、コンバージョンにつなげたいのかなどによって、行うべき施策も変わります。また、効果測定をしやすくするために、業績に対する評価の指標(KPI)を設定しておくことも大切です。

設定すべきKPIとしては、下記のようなものが考えられます。

  • PV(ページビュー)数
  • 検索エンジン経由のアクセス数
  • UU(ユニークユーザー)数
  • CVR(コンバージョンレート)
  • CPA(1獲得あたりのコスト)

など

2.自社の製品やサービスを分析する

自社の製品やサービスを分析し、訴求ポイントを絞り込んでいきます。商品やサービスの「ペルソナ」の設定も同時に行いましょう。

3.キーワードを選定する

自社の商品やサービスがイメージされるキーワードを選定します。選定する際は、「検索需要があるか」「競合より質の高いコンテンツを作成できるか」という観点からしぼり込むことが重要になります。

4.コンテンツを作成する

キーワードとペルソナを意識しながらコンテンツを作成します。ユーザーの問題を解決する内容だけではなく、高い専門性と独自性をアピールすることも重要です。

5.効果の測定

コンテンツの公開後は、Google Search ConsoleやGoogle Analyticsなどのツールを使って効果を測定します。

6.コンテンツの改善

コンテンツの公開から3カ月が経過しても順位が上がらない・上位に表示されてもユーザーのアクションが予想を下回るなどの場合はコンテンツの改善を進めます。

7.コンテンツの作成を継続する

新たにキーワードを選定し、コンテンツを作成します。なお、コンテンツSEOは多くのコンテンツを作成・蓄積していく施策となるため、継続して3~6の手順を繰り返していくこととなります。

コンテンツSEOに成功した企業事例

typing

ここからは、コンテンツSEOの成功事例をご紹介していきます。

コンテンツSEOへの取り組みを検討している方や、すでに施策を展開していても効果が得られないという方は、ぜひ参考にしてみてください。

ビズリーチ社のコンテンツSEO成功事例

2016年に人事・経営者向け自社メディア「ビズヒント」を開設したビズリーチ社では、人事領域の課題を抱えているユーザーのヒントになる記事を提供続けた結果、自然検索経由の流入数が約56倍へと増加しました。

自然検索経由の流入数増加に伴い、コンバージョン(会員登録)も順調な伸びをみせています。

同社が行なった主な施策は以下のとおりです。

  • マニュアルによる記事制作業務の定型化
  • ライター選定基準の厳格化
  • トライ&エラーによるPDCAのループ

また、同社ではツールを使用した検索意図の可視化による業務の大幅な効率化も実現しています。

ボクシルマガジンでのコンテンツSEO成功事例

SaaSの比較・検索サイト「BOXIL(ボクシル)」を運営しているスマートキャンプ社では、既存記事のリライトと新記事の作成で、月間300万のPV数を1,000万へ増加させることに成功しています。

同社では、新規記事の作成とリライトそれぞれの施策をピックアップして、作業の優先順位を明確化しました。

同社の行なった主な施策は次のとおりです。

  • アクセス数が少ない記事のタイトル改善
  • 検索結果が2位~5位の記事が1位になるようリライト
  • 検索結果11位以下の記事は10位以内にするようにリライト

など

なお、同社ではSearch ConsoleやGoogle Analyticsなどのツールを使ってデータを抽出し、エクセルなどで分析を行なってから改善対象となる記事を決めています。

コンテンツSEOは潜在顧客の獲得に有効な施策

コンテンツSEOは、集客数の向上と潜在顧客の獲得には欠かせない施策です。作成したコンテンツそのものが資産となるため、中長期的なアクセスアップを見込むことができます。結果を伴うまでには時間がかかりますが、費用対効果の高施策の1つです。

なお、シンプリックは、コンテンツSEOにおいて数多くの実績を持っています。1年以上継続して記事制作を支援させて頂いている企業様も多く、費用対効果の高いサービスを提供しています。

費用対効果の高いコンテンツSEOの導入を検討している方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

関連記事

  1. ページ エクスペリエンスによってSEOのランキング方式が変更。21年8…

  2. GoogleのプロダクトレビューアップデートとSEOへの影響について

  3. 構造化データとは? SEOとの関係性や表示の変化・種類・メリットや便利…

  4. UX指標のコアウェブバイタル(LCP/FID/CLS)とは? SEO順…

  5. ドメインパワーはどうやってあげる?確認方法、必要な記事数や被リンクにつ…

  6. SEOキーワードはどこに設定するべきか?キーワード選定方法も解説

  7. 記事のリライトとSEO|効果を上げるためのリライトのコツ、方法とは?

  8. SEOキーワードの正しい選び方とは|検索上位を果たすための選定手順を解…

PAGE TOP